« 女性同伴の鉄チャン | トップページ | JALのMD90に鶴丸が »

2012年9月23日 (日)

途中経過

先日、このブログにムサシノモデルが発売を予告しているEF65について、どのタイプにしようか迷っている旨の記事を書いた。
昔のネガをひっくり返して、あれやこれやと見てみたが、圧倒的に多い画像は77~78年当時米原機関区に所属していたF型。ちょうどEF58重連の荷物35列車が品川を発車する際、隣に並ぶ貨物列車を牽くのがこの米原区の65だったためだ。荷35列車はずいぶん撮影した。回数などはどうでも良いが、当時のほとんどのネガには品川駅の総武線ホームで撮った荷35列車があるから、自ずとその隣には65も写っている。
ところが残念なことに、いずれもただ単に「撮っただけ」というもので、画像としては面白くもおかしくもない単調な記録。この中から思い入れのある機関車といっても選べるはずもない。
それでも米原からは12系客車を牽いた場面を撮った533号機が残った。

いっぽう、当時EF65F型は吹田第2機関区にも配置されていた。こちらはその頃、関東地区にはあまり来ることがなく、定期列車を持っていたかどうかは古い資料を繰ってみないと定かではないが、とにかく関東で撮影した記憶はあまりない。浜川崎や八丁畷などの写真があるにはあるが心に残る画像がない。
しかし1枚、1980年7月に芦屋~西宮で撮った貨物列車に写っているEF65517だけは印象に残っている。デフロスタが目立ってかっこ良く見えたことを思い出す。ロクイチが下関から24系客車を牽いてくると思って待ち構えていたが、けっきょくEF65PFに代わっていて肩透かしを食ったときのもの。そういう意味でも印象深い。運転席のひさしがなく復心装置カバーのないタイプだが、最近調べたらこの機関車は東京機関区に配置された記録もあり、ブルートレインの先頭にも立ったことがあるらしい。そういう意味では「さくら」や「冨士」「はやぶさ」のマークを付けても似合うし、連結器回りもゴチャゴチャしていて自分の好み。これならこの1台でブルトレ牽引も貨物牽引の姿も味わえる。

さて533号機と517号機、どちらにしたものか。欲しい物を手に入れる前のこういう悩みはいい年になっても楽しい。じっくり考えて今月中には結論を出したい。

(写真、文 U)

Img3631_2


|

« 女性同伴の鉄チャン | トップページ | JALのMD90に鶴丸が »

執筆者U」カテゴリの記事

模型」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

初めてメール致します。私は5月26日に517号機で予約しました。ネームプレート入り希望と!

投稿: とんぼ | 2012年9月23日 (日) 18時36分

「とんぼ」さま、コメントありがとうございました。
記事にはああ書きましたが、現段階で自分としては517号機に傾いています。もう少し検討するつもりですが、517号機の優位は変わらないでしょう。
本日、ムサシノモデルにEF65の予約状況を問い合わせたところ、まだ余裕はあるようでしたので、もう少し猶予がありそうです。ついでに13ミリ版に
ついても聞いたところ、全て合わせて20両程度を考えているようです。しかし同社が予告している20系客車の13ミリ版についてはあまり積極的では
ないようです。したがって13ミリはあくまで観賞用、16番は汎用と割り切っているように感じた次第です。

スノープローとデッキを交換できるようにしたいとの意向もあるようですが、ここで「さすが茂木さん」と思ったのは、実物がスノープローを装着したのは
ほんの一時期なのに模型にした場合、スノープローがあった方が締まって見えるという見解です。かねてから自分もスノープローが全体のフォルムを
引き締める効用を痛感しておりましたから、この辺のセンスが一致したのは僥倖でした。
そんなムサシノモデルが計画するEF65、買わないわけにはいきません。

投稿: U | 2012年9月23日 (日) 22時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/47183320

この記事へのトラックバック一覧です: 途中経過:

« 女性同伴の鉄チャン | トップページ | JALのMD90に鶴丸が »