« JALのMD90に鶴丸が | トップページ | EF66@セノハチ »

2012年9月24日 (月)

忘れていた1枚

今回の写真をご覧になった方の中には、EF5861と53が並んでいるのに、どうしてパンタが上がっていないこんな写真を掲載したのか疑問に思う方もいるだろう。

答えは単純、撮っていないからないのだ。

では、なぜ撮らなかったか?

往年の「さくら」のマークまで付ける自由をいただきながら、そんな写真がないのは単に逆光だから撮る気が起きなかったからにほかならない。

ロクイチの「さくら」はこの5日ほど前に撮らせていただき、この日のメーンは53号機の「さくら」。順光側からパンタグラフを上げた写真を散々撮らせていただいた後、まあ隣にロクイチがいるからついでに並んでいる姿も撮っておこうとシャッターを押したのがこの1枚。
せっかくのチャンスを生かせなかったのにはわけがある。ロクイチの順光側が他の機関車と連結されていて切り離してもらっても、53号機と並べるスペースがなかったからだ。仮に切り離したとしてもロクイチの順光側はカーブにかかって台車回りと車体上部がずれていたため、並べるためには構内の入れ替えを大がかりに行わなければならず、さすがにそこまでは頼めなかったというのが実情。しかたなく逆光側から1枚だけ撮影して来た忘れていた1カット。

そんな風に当時のわれわれは順光至上主義。とくにこれを撮影したのは7月31日の白昼とあって、きついトップライトにも見舞われ早々に音を上げた。
「さくら」のマークはともかく、61と53号機の並びという組み合わせが撮れれば良かったが、それすら、その1週間前に広島で69号機と並んだ61を撮った後では、あまり痛切に感じることはなかった。

しかし、あれから32年経った今、逆光をものともしない、あるいは画像補整で逆光も救えるデジタルカメラや画像ソフトが一般的になってくると、あの時せめてパンタグラフだけでも上げてもらっておけば良かったと後悔している。
若い方々には「撮れるときに何でも撮っておくこと」を是非、お勧めする。

(写真、文 U)

Img3591

|

« JALのMD90に鶴丸が | トップページ | EF66@セノハチ »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/47182536

この記事へのトラックバック一覧です: 忘れていた1枚:

« JALのMD90に鶴丸が | トップページ | EF66@セノハチ »