« C623はどうなるのか? | トップページ | 笑っちゃうよ! »

2012年5月28日 (月)

遠い存在になったDD51

関西の友人たちがやっているブログ「鉄な…人間模様」を見ると彼らが最近、紀勢本線のDD51貨物に入れ込んでいる様子が分かる。定期「日本海」や「きたぐに」が消滅し、関西の方々は何を狙うのかと思っていたら、しっかりまた新たなターゲットを定めたようだ。鉄道ファンの草魂を垣間見る思いで同好の身としては頼もしくうらやましい。N氏などは新たな機材を持ち込みいろいろとトライしているようで、そんな姿を見ているとこちらもそんな現場に居合わせたくなるというもの。大阪在任時代、一度は行ってみたかったが、とうとう行けず終いに終わった場所でもあるからなおさらそう感じる。
昨日Ha氏と話したら大阪から内陸部の道をうまく使えば、さほど時間がかからないというのにも驚いた。自分の頭の中には紀伊半島を回る国道42号のイメージが強くあって、もの凄く時間がかかるという先入観があったから、伊勢方面は関西からでも遠いのだと思っていた。

さてそのDD51も今や活躍の場がだいぶ減った。特に関東から一番近くで定期列車が撮れるのはどこになるのだろうか。その観点から言っても愛知機関区のDD51の走る関西、紀勢本線となる。昔は八高線や千葉、磐越東西線など、ごく近くでも見られたが、気づかぬうちにDD51の活躍地は遠くなってしまった。全国的に見てももはや北海道の一部と山口周辺、そしてこの関西、紀勢本線だけに限られるようになってしまった現実に今さら驚く。下手をすると車を伊勢に走らせるよりも、関東からでは飛行機で北海道を目指した方が時間的にも、シャッターチャンスにしてもはるかに効率的かもしれない。そろそろこの機関車の存在をもっと意識しなくてはならなくなったようだ。年内には道南でブルトレを撮りたいものだ。

アップする写真は1995年に磐越東線の有名撮影地、三春~要田で撮影した郡山行きの夕方の貨物列車。この年の6月に福岡転勤から戻り、九州の白線が消えスノープローのないDD51に辟易していた自分が、「口直し」の意味で出掛けたときの画像で、当然まだリバーサルでの撮影だ。夕方の強い光が魅力的で、少し露出を切り詰めて撮影した。

(写真、文 U)

Bannetutousen2


|

« C623はどうなるのか? | トップページ | 笑っちゃうよ! »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

NことLongです。
先週はお忙しいところ、電話で失礼しました。
Uさんも磐越西線に遠征されておられるようで、、、お元気そうで何よりです。

関西地方は梅雨入りを予感させる蒸し暑さが昨日今日とやってきました。
梅雨入りすると天気の期待が出来ない気勢線。本文にもあるように、渡道を計画したい季節になりました。

いついくか?と考えると、今年はイベント列車も運転され迷う所です。

「ここで撮りたい!」とか「あのブルトレを撮りたい!」と強く思う気持ちもあまり無く、考えれば考えると悩んでしまいます。


投稿: Long | 2012年5月28日 (月) 14時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/45440169

この記事へのトラックバック一覧です: 遠い存在になったDD51:

« C623はどうなるのか? | トップページ | 笑っちゃうよ! »