« ボンネットバスの勢揃い | トップページ | 関東鉄道のDD50 »

2012年4月23日 (月)

EF5861牽引の荷38列車を戸塚で

過去のフィルムスキャンも大分進み、1979年9月あたりまで来た。1979年と言えば5月には飯田線でED62の御召列車が走り、伝説のEF5861とEF5860がプッシュプルで1号編成を牽いたり、8月に山口線でC571が復活、そしてEF58もだんだん廃車が加速していった時期でもある。

私のEF58の取り潰しは1979年12月11日に長岡で50号機を撮ったことで終了。21と28が撮れなかったが170両(+EF18を3両)までは行き着いた。

そんな中、ロクイチはまだ現役バリバリで、東京機関区の一員として活躍していた。今回の写真は1979年7月7日の荷38列車を牽引したときのもの。午後から夕方にかけての上り列車ゆえ、正面に陽が当たる順光の場所は静岡県内の一部に限られていたが、午後の陽のまわりの早い夏至近辺の時期は首都圏近郊でも何ヶ所か順光場所があった。

その一つが戸塚駅で、ホームの大船寄りからの正面の構図はなかなか良い雰囲気を醸し出していた。1番エンドでワイパーも片側はKW3D、窓の丸いステッカーも懐かしく、もちろん無粋な無線アンテナなど付けられるはるか前の姿である。正面窓下の手すりが銀でなく同色に塗られてしまっているのが少し惜しい。

(写真・文:K.M)

1979年7月7日 荷38列車  戸塚駅にて

35n224017_2

|

« ボンネットバスの勢揃い | トップページ | 関東鉄道のDD50 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/44984826

この記事へのトラックバック一覧です: EF5861牽引の荷38列車を戸塚で:

« ボンネットバスの勢揃い | トップページ | 関東鉄道のDD50 »