« EF5861が20系を牽くとき | トップページ | 飯田線 EF10重連貨物 »

2012年2月 4日 (土)

EF5861が福井のお座敷列車を牽くとき

お座敷列車と言っても様々な種類があった。近年はジョイフル・トレインというカテゴリーでもあるが、ロクイチが団臨でバリバリ働いていた1980年あたりのお座敷といえばスロ81系の6両編成が定番だった。

丁度その頃、合理化の一環でグリーン車の緑帯が消され始め、客車もその例外ではなかった。記憶の限りでは、沼津・長野・福井・鳥栖に配置されていたスロ81座敷からも徐々に帯が消されていった。その末期、6両とも緑帯の残った編成を追いかけて東奔西走していた仲間も多かった。

そんな中、通称「キンフイ」と呼んでいた福井のお座敷が上京し、帰路が東海道本線を8103列車で下るという格好の運用にEF5861が入った。

時は1981年4月12日(日)、春うららかな季節、撮影場所は迷わず根府川鉄橋のみかん畑と決め三脚を置いた。丁度バックに満開の桜を入れることも出来、なかなか良いカットをものに出来た。その日、荷33列車はEF581号機と東海道本線のスターが続行で下っていった。

(写真・文:K.M)

1981年4月12日 8103列車 EF5861+お座敷列車(福井) 根府川にて

66341

|

« EF5861が20系を牽くとき | トップページ | 飯田線 EF10重連貨物 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/43985654

この記事へのトラックバック一覧です: EF5861が福井のお座敷列車を牽くとき:

« EF5861が20系を牽くとき | トップページ | 飯田線 EF10重連貨物 »