« 1985年、鳥取国体のお召し列車 | トップページ | 佐倉のDD51牽引お座敷列車 »

2011年12月24日 (土)

国鉄本線蒸機最期の日 12月24日

毎年12月24日なると思うのは1975年に夕張線で撮影したD51のこと。世間はクリスマスイブだろうが、そんな行事ごとにはほとんど興味も無いので、イブが平日の日は以前から鉄道発祥の地「新橋」で鉄道仲間と居酒屋での飲み会が恒例となっている。

写真は1975年12月24日の夕方、夕張線滝ノ上駅で撮影した5792列車を牽くD51465。以前アップしたD51241と本線上で昼間に蒸機同士で交換したときの上りの列車である。今ではちょっとした列車や車輌のサヨナラ運転でさえ混乱状態(今流で言えば「激パ」)になるが、こんな歴史的な日にもかかわらず本当にこの日は至って普通の感じで一日が過ぎた。

この日、ここに居られたことはこれまでの人生の中でも本当に思い出に残る日の一つだと思う。もちろんそのときはそんなこと思ってもみなかったが、時が経つにつれて、その思いは深くなってきている。そんな記念的な日をあと2つ挙げるとすると、1978年4月4日と2001年3月28日だろうか。

前者は後楽園球場で催されたキャンディーズのファイナル・カーニバル・フォー・フリーダム。あの5万人の中の一人であった。後者はもちろんEF5861(ロクイチ)最期のお召し列車となった北鎌倉御召。勤め先の会社合併を4月1日に控えるなか、合併事務局に居た私がその3日前に会社を抜けることはほぼ不可能に近かったが、あらゆる「合法的」手段を講じて捻出した時間で昼の北鎌倉駅に駆けつけ「ロクイチ最後の御召」を天皇陛下とのツーショットで撮ることができた。

人の価値観はそれぞれでいいと思っているが、最近、特にネット社会になってからは鉄道や飛行機趣味の世界でも何か造られた絶対的価値観によって踊らされているような気がする。すでに趣味の写真撮影3000日を超えた私は、これまでどおり自分だけの価値観をしっかりもっていつまでも現役で趣味を続けたいと思っている。

(写真・文:K.M)

1975年12月24日 D51465 5792列車 夕張線 滝ノ上にて

Img368

|

« 1985年、鳥取国体のお召し列車 | トップページ | 佐倉のDD51牽引お座敷列車 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

1978年、昭和53年4月4日、懐かしいですね。

私は一塁側のベンチの上辺りに居ました。

高戸橋で花電車を撮影してから球場入りしたので、
撮影禁止とありましたが、しっかり激写しました。

当時のカラーネガフィルムですから、写りは知れていますがネ。

投稿: SPブラック | 2011年12月26日 (月) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/43490461

この記事へのトラックバック一覧です: 国鉄本線蒸機最期の日 12月24日:

« 1985年、鳥取国体のお召し列車 | トップページ | 佐倉のDD51牽引お座敷列車 »