« 30年前と今年、同じ撮影地で | トップページ | 1985年、鳥取国体のお召し列車 »

2011年12月18日 (日)

最も西で撮影したロクイチ

転勤に伴う送別会、引っ越しで長らくご無沙汰してしまった。
この間の動静は自分のブログに記したとおりだが、せっかく自宅に戻ったというのに風邪をひいて復帰第一戦の鉄道撮影にはまだ出掛けられていない。
主に趣味の雑誌であふれかえった部屋の片付けに勤しんでいるものの、様々ながらくたをため込んでしまったため、いっこうに整理できない。おまけに年明けからリビングなどのリフォーム工事が始まるということもあって、きちんと片付けるのはその工事が終了してからでも良いといった甘えもある。母のところにも顔を出さなければならないし、クリスマス、正月をどう過ごすか、年賀状などのことまで考えると憂鬱にもなる。
ゆっくりと焦らずにひとつひとつを処理していきたい。

今回の画像は1980年7月23日に山陽本線大野浦で撮影した回9412列車を牽引するEF5861。前日7月22日施行の東京機関区臨A126仕業で、宇都宮学園高校の修学旅行生を岩国で落とし、広島へ戻る12系×12の回送列車。自分が最も西で撮影したEF5861の画像でもある。

(写真、文 U)

Photo

|

« 30年前と今年、同じ撮影地で | トップページ | 1985年、鳥取国体のお召し列車 »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/43421599

この記事へのトラックバック一覧です: 最も西で撮影したロクイチ:

« 30年前と今年、同じ撮影地で | トップページ | 1985年、鳥取国体のお召し列車 »