« 神保原で583系を撮影 | トップページ | 岡多線のお召し列車試運転 »

2011年10月 2日 (日)

EF5861お召し列車 本運転前の情景

毎年5月と10月になると、なんとなく「お召し」を思い浮かべる。春の植樹祭、秋の国体ではかなりの頻度で全国でお召し列車が運転されていたので、一種の習性というものなのかもしれない。

お召しの綺麗な走行写真や形式写真も良いが、ちょっとした儀式や運転に係わる方々の動静などを記録するのも好きで、昨年のE655お召しの時には蘇我・茂原のホームに張り付いてみたりもしてみた。

そんな中、EF5861(ロクイチ)最後のお召し列車となった2001年3月28日のアルバムを見ていて、こんな写真を見つけた。

2001年3月は、個人的にも仕事の上で入社以来最も多忙な時期だった。なにしろ4日後には会社合併をひかえ、私はその合併事務局の実務の管理職として30分刻みのようなスケジュールを数ヶ月こなしていた。そのときに運転されたロクイチのお召し列車。当然撮影地に前もって乗り込むことも出来ず、当日は、あらゆる(合理的)対策を講じて数時間の空時間を捻出して出動した。

本列車は北鎌倉駅への進入と停まりを撮ることが出来、結果的にはロクイチお召し最後の瞬間を目の前でとらえられ、また旗付きロクイチと天皇陛下のツーショットもフィルムに収めることが出来た。

この写真は当日9:48に品川駅で撮ったもの。品川客車区で整備を終えた回9001列車は9:34に品川駅9番線に入線した。この入線を6番線先端から撮り、11番線に移動。9:40にロクイチの真横で行われた「点呼」の写真を撮り、さあ北鎌倉に行くための9:52発の東海道線に乗ろうかという間の10分弱、何気なく遠くのロクイチを眺めていて、お召しの3種の神器(?)である「旗、金の御召・区名札・乗務員札、列車時刻表」が揃って撮れる事に気づきシャッターを押した。背景が丁度入線してきた電車で灰色っぽくなって旗が引き立ち、キャブ内の暖かい電灯や乗務員の方のにこやかな表情など、お気に入りの1枚になっている。

このあとロクイチは後回9001として9:54に9番線を発車し東京駅に向かった。

(写真・文:K.M)

Img820

|

« 神保原で583系を撮影 | トップページ | 岡多線のお召し列車試運転 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/42198793

この記事へのトラックバック一覧です: EF5861お召し列車 本運転前の情景:

« 神保原で583系を撮影 | トップページ | 岡多線のお召し列車試運転 »