« 迂回カシオペア EF64で上越国境を行く! | トップページ | EF5861お召し列車 本運転前の情景 »

2011年9月29日 (木)

神保原で583系を撮影

23~25日、関西在住のお仲間たちと上越線にSL重連を撮影に行った。水上にある会社の保養所を利用した旅行で、小学校4年生のHa氏の息子さんも交え、なかなか楽しい時間だった。
この保養所はテニスやスキーなどをするために以前からよく利用したが、鉄道撮影を目的とした旅行は初めて。たまたまSL運転日に当たったときに水上を発車する列車を3度ほど撮影したことがあるが、7月の重連運転に続き駅周辺にこれほどの人が集まる光景は初めてだった。昔からよく昼食を取るために立ち寄った「亜詩麻」という、焼きカレーと水出しコーヒーが自慢のレストランも今や並ばないと入れないほどの盛況ぶりだし、水上の町を闊歩する馬車もあまりの車の多さに見かけることはなかった。

今回のSL重連で「群馬ディストネーション」のキャンペーンも終了するが、今後はどのようなSLのイベントが行われるか楽しみだ。
ひとつ気になったのは上毛高原駅の前に保存されているD51745が、もうすぐ水上駅のそばに引っ越すらしい。745号機の前にそのような告知が記されている板をこの目で見た。「水上駅のそば」でSLを置けるような広い場所といえば、当然思いつくのはD51498やC6120が高崎に折り返すまでの時間を過ごすターンテーブル近くの広場。ひょっとしたら構内の最も道路に近い場所に線路をひいて、休憩するD51やC61と並べるのではないかと期待してしまう。静態保存のSLではあるが、それはそれで観光の目玉となるのではないだろうか。745号機を走行可能なSL同様に磨き上げて、ぜひここに誘致してほしいものだ。

さて上越線のSL重連撮影に参加した私からも1枚。SLの写真ではなくて恐縮だが、23日朝に神保原で撮影した583系団体列車。2008年に鉄道撮影に復帰して、何度か583系を撮影する機会があったが早朝で露出が厳しかったり、天気に恵まれないなど、悪条件の日も多く個人的には満足する写真を得ることができなかった。
23日も小雨まじりのスッキリしない天候だったが、ここはこの時間帯、晴れれば列車側面に光が当たらないから、これぐらいの空模様の方がありがたい。翌24日、宿泊地の水上に大宮方面から折り返して来て21時ごろ到着し停車することも、さらに清水トンネルを越えた越後中里で30分近く停車することも知っていたが、さすがに温泉上がりの酒を断ってまでバルブ撮影に出かける気力は残っていなかった。

(写真、文 U)

583

|

« 迂回カシオペア EF64で上越国境を行く! | トップページ | EF5861お召し列車 本運転前の情景 »

執筆者U」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/42112700

この記事へのトラックバック一覧です: 神保原で583系を撮影:

« 迂回カシオペア EF64で上越国境を行く! | トップページ | EF5861お召し列車 本運転前の情景 »