« 「あけぼの」迂回運転 | トップページ | ワシクリのおまけシリーズ »

2011年8月11日 (木)

「迂回あけぼの」第1日目

昨日高知から久しぶりに戻ってきたが、今回ものんびり家でゴロゴロしている訳には行かなくなった。お仲間の皆さまから「迂回あけぼの」に関するメールがあれやこれや入り、わざわざTAさんはこの為に上京までされたのだが、小生はそもそもEF81牽引を期待していただけに、EF510牽引でしかも看板も付きそうもないということでダブルにテンションが下がったまま朝を迎えた。時間帯を考えると順光側は京浜東北と被るリスクが高すぎるので、TAさんには申し訳ないが、北浦和で撮ることに決めた。4時半過ぎに現地に到着するが、当然のことながら先客はなし。6時前にPさんと久しぶりに再会し、途中の目撃情報を探していると、某I氏が登場。どうやらお仕事のようだ。そうこうしているうちに、どうも雀宮抑止という情報が入ってきたことで事態は急転、前回の悪夢(623日のブログをご参照)が頭をよぎり今日も10時半過ぎまでは来ないであろうと悟った。そもそも7時前でも十分にジリジリと暑いのに、10時半ともなれば線路上は灼熱地獄で陽炎がメラメラになるのは容易に想像できたので、残念ではあるが北浦和は諦め、超望を使うことのないワシクリに移動することにした。(某I氏は、結局その場に残られた)8時頃に到着した段階で、既に先客の皆さま方は思い思いのポジションを確保され、猛暑に耐えておられていたが、幸いいつものポイントは場所をゲットできたので、架線柱は入るが妥協することにした。(少なくともここは絶対に被る心配はない)。「カシオペア」「北斗星」と定通し、某I氏からも正確な時刻の情報を頂戴したので、ワシクリの通過時刻も容易に推測できた。それにしても、待っている間何と暑かったことか。結局「北斗星」の1時間後に509号機に牽引された「迂回あけぼの」は目の前を通過して行ったが、看板はなく寂しい結果だった。一度自宅に帰ろうかと思っていたが、時間も中途半端になってしまったので、TAさんと初めて鉄道博物館に行き時間調整をすることにした。初めて訪れた鉄道博物館は、なかなか見ごたえがあった。しかも、自分達が生きてきた昭和の時代の車両が多く、十分に懐かしい想いに浸ることができた。その後雷雨の首都高を走りながら、8009レ下り「カシオペア」を狙いに尾久界隈をロケハンし、以前から1度撮ってみたかったスカイツリーバックの構図にトライできた。終日、37度とか38度とかの超激猛暑の1日であったが、TAさんのお蔭様でなかなか充実した日とすることができた。TAさん、また猛暑の中ご一緒させて頂いた皆さま方お疲れ様でした。(写真・文:T

Blog_20118111_3

Blog_20118112_3

|

« 「あけぼの」迂回運転 | トップページ | ワシクリのおまけシリーズ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、早朝から早朝の2日間にわたり何から何までお世話になりありがとうございました。灼熱の中、後藤さん3連発はなかなか良かったですよ。鉄博もついこの間まで線路上で撮影した車両達がきれいに保存されていて、納涼がてらとはいえ見応え充分でした。
次回は大阪でお待ちしています。

投稿: T.A. | 2011年8月12日 (金) 21時00分

TAさん、大変お疲れさまでした。せっかく、上京されたのに残念でした。今日は朝、北浦和から家に戻ってから、あまりの暑さに家族でふて寝しているうちに13時過ぎに迂回あけぼのは上ってきたみたいでした。まあ、天変地異じゃあしょうがないですね。

投稿: T | 2011年8月12日 (金) 21時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/41172641

この記事へのトラックバック一覧です: 「迂回あけぼの」第1日目:

« 「あけぼの」迂回運転 | トップページ | ワシクリのおまけシリーズ »