« 「ことでんレトロ電車」特別運行 | トップページ | 台風一過とはいかず »

2011年8月30日 (火)

「ことでんレトロ電車」特別運行(その2)

返しは2両編成ということだったし、残りの2両がいつ回送されるのか知らなかったが、琴平のホームで2両を切り離し、「仏生山」の行先札を掲げていたので、これは先に仏生山行きで来るなというヤマ勘が働き、急いで土器川の鉄橋に引き返した。6月26日の際に、TAさんから「こんぴらさん」のお社の屋根をバックにできるポジションを教えていただいたので、今回も同じポジションを捜してみたが、どうも様子がおかしい。どの位置に立ってもしっくりこないのである。丁度お社を入れるとその屋根の真下に鉄橋の向こう側の真っ白い家が写り込んでしまうのだ。しかも、壁だけでなく、屋根まで白いもんだから全く始末が悪い。どうやら、2ヶ月の間に最悪の位置に白く目立つ家が建ってしまったようだ。仕方なく別の角度のポジションで待っていると、案の定「仏生山行き」の先行列車が来て、本列車とともに同じ場所で2度撮影を楽しめた。それにしても、ことでんレトロ電車は保存状態も良く、動態保存車両というよりは現役そのものという風格だ。(武骨な姿やリベットなど渋すぎ・・)小生の父親は大正14年生まれで今年満86歳になるが、それとほぼ同等の車歴であることを考えれば本当に恐れ入るし、ことでんの関係者の方々のご尽力を思えば頭が下がる。そういえば、27日(土)は水上までのSLが二往復の日であったが、お仲間はどなたか行かれたのであろうか?さてさて、小生は、8月には夏休みがとれなかったので、今年の夏休みは9月3日から。単身赴任のオジサンには家族団欒が一番の安らぎだが、東京に帰ったら帰ったで、きっと朝からじっとしていられないのではないかと思う。ちょっとだけ国外脱出も計画しているが、台風の動向がとても気がかりだ。(写真・文:T

Blog_20118301

Blog_20118302

Blog_20118303

            最早撮影できなくなった「こんぴらさんバック」のショット(2011.6.26撮影)

|

« 「ことでんレトロ電車」特別運行 | トップページ | 台風一過とはいかず »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/41421810

この記事へのトラックバック一覧です: 「ことでんレトロ電車」特別運行(その2):

« 「ことでんレトロ電車」特別運行 | トップページ | 台風一過とはいかず »