« B787を撮りに羽田へ | トップページ | 欲しいものだらけ »

2011年7月10日 (日)

「サンライズ瀬戸」朝練

こちらは、梅雨が早々に明けたにも拘わらず、暫く四国から出ることもできず、悶々としております。偶々、カミさんが「友人と早朝に羽田から飛行機に乗るんだけど、起きられないと心配だから3時半に電話をしてちょうだい」と言ってきた。小生もネタがある時には、3時でも4時でもぱっと目が覚めるが、用もないのに日曜日の夜明け前から起きるのも面倒だったが、請け負ってしまった手前、そのまま寝ているのももったいないという気になった。そして、先週Uさんとお話ししていて、ブルトレではないものの四国にはれっきとした寝台特急が走っていることを改めて思い出した。Uさんが行かれた、鬼無~端岡なら順光になるとのことであったので、急遽「サンライズ瀬戸」の朝練に行ってみようと思い立った。(いつものことだが、全く安直な思い付き・・)場所も全く把握していなかったので、家を4時半に出て、香西よりのポイントもロケハンしながら寄り道して、それでも現地には6時半頃に到着した。丸亀あたりから曇ってしまった太陽も、現地で待っている間に元気に顔を出し、ベタ順の中、ターゲットはゆっくり通り過ぎて行った。(これが、機関車の牽引するブルトレだったならなあ・・)熱中症予防の麦わら帽子をかぶりながら、結局1時間半ほど現地に居たが、Uさんのおっしゃる通り、ここは同じJR四国でも黒字路線と見えて、まあ次から次へバラエティーに富んだ車両たちが来て、全く飽きることがなかったです。大昔、蓮田や栗橋あたりの線路端に居ると、「ひばり」・「はつかり」・「やまびこ」・「やまばと」といった特急電車に加え、DCや機関車牽引の列車等が次から次にきて華やかだった頃と記憶がダブった。さて、この「いしづち」、これは私には見慣れた2000系気動車特急だが、電車特急も走っている。昔の急行「アルプス」も、併結列車によって電車と気動車が走っていたなあ。ところで、新幹線網の整備によって全国の在来線の幹線は面白みが少なくなっているが、予讃本線は1時間半ちょっとで来ることのできる穴場かもしれない。(高速代往復5千円はちと痛いが・・)それにしても、ダイヤ情報の特集で紹介されたにも拘わらず、今日も同業者はゼロ。やはり人気ないですねえ。関東では、今週末もネタのオンパレードで羨ましい限りです。(写真・文:TBlog_20117101_2

Blog_20117102_2

Blog_20117103_2

Blog_20117104_2

|

« B787を撮りに羽田へ | トップページ | 欲しいものだらけ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、高松、群馬と2週続けて場所を変えてお会いでき、楽しい時間を過ごさせていただきました。当方は性懲りもなく9、10日も帰宅して〝朝練〟を決行しました。
さて、ブログに記された予讃本線の坂出~高松はひじょうに列車密度が高く、かつバラエティに富んだ車両が行き交い退屈しません(何度も行っていれば別でしょうが)。しかもTさんが行かれた端岡~鬼無は午前中、下り列車に対し良い光線で、しかも撮影しやすいといった場所ですので弁当持参で半日を過ごしても楽しそうです。おまけに車なら幹線道路もすぐ近くで、讃岐うどんの店やコンビニもありますから便利でもあります。
さらにここは貨物列車が走りますから、いずれ新鶴見のEF65原色なども姿を見せるかもしれず目の離せない区間です。
関西で撮るものが減少しつつあるこのごろ、琴平電鉄のレトロ電車と絡めて行けば密度高い撮影行になると思われます。もう少し日の出が遅くなれば「サンライズ瀬戸」は斜光線となり、さらにギラギラ浮かび上がりそうですから、もう一度機会があれば行ってみたいと思っております。

投稿: U | 2011年7月11日 (月) 05時37分

Uさま、コメントありがとうございます。SLは別格として、今の時期は、暑いし光線も良くないので、早朝以外撮影をする気にならないのですが、早起きした勢いで早速行ってしまいました。お蔭様で待ち時間も全く退屈することなく、楽しませて頂きました。帰りがけは、多度津・善通寺まで下道をなんとなくロケハンしてきましたので、またチャンスがあればトライしてみたいと思います。

投稿: T | 2011年7月11日 (月) 06時48分

ご無沙汰しております。ブログを拝見していますと皆様の行動力に脱帽です。
 さて、今回紹介された場所、私も昨年から立ち寄っている場所で、この5月の連休にも行きました。みなさま、お気に入りポイントは同じですね。私が訪れた時は背景の木々の葉がまだ少なく、車が写り込む心配がありました。7月ともなるとその心配も不要ですね。

昨日、I君を目撃しました。元気でしたよ。
場所は中部国際空港。ボーイング787の展示を取材されていました。同じ撮影とはいえ炎天下の中、過酷なお仕事。ご苦労さまです。私は大阪と愛知の友人とのんびりとシャッターを切っていました。
 

投稿: A | 2011年7月11日 (月) 15時01分

Aさま、ご無沙汰しております。風の噂ではお忙しい中専ら飛行機関連の方に出撃されておられるようですが、小生の場合はまた鉄道に回帰しております。そういえばAさんも四国には御縁があったのですよね。小生は元々全く四国には縁がなかったのですが、不思議な巡り合せです。30年来のお仲間の皆様とも歳はとっても、また住む場所は遠くても、こうしてブログを通じて心を通わせることができるというのは、何とも便利な時代になったものです。いつもくだらん写真をご披露してお恥ずかしい限りですが、どうかご笑覧ください。小生は、B757以外どうも双発機には個性が感じられなく興味もあまりないのですが、皆様のB787に対する入れ込みぶりには逆に脱帽です。今度は、線路端でお目にかかれれば幸甚です。

投稿: T | 2011年7月11日 (月) 18時48分

高知もパラダイスですが、高松辺りでの夜付き撮影行もいいですね。
山口も涼しくなったら行きましょう。

投稿: T.A. | 2011年7月11日 (月) 20時35分

TAさま、先般のことでんレトロの際にはお世話になりました。いやあ、あの時の琴平も暑かったですが、昨日も高松は朝から暑かったです。今の時期は、撮影は我慢して大人しくしているのが正解なのでしょうが、何だか東日本では色んなモノを走らせてくれるので、行かないと損した気分になってしまいますね。秋の山口は今から楽しみです。

投稿: T | 2011年7月11日 (月) 22時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/40756537

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンライズ瀬戸」朝練:

« B787を撮りに羽田へ | トップページ | 欲しいものだらけ »