« 西鉄甘木線 | トップページ | 「かもめ」装飾のD51940 »

2011年7月19日 (火)

EF5865の50系新製試運転 1978年2月28日

Uさんと最初に出会った瞬間は今でも鮮明に覚えている。おっしゃるとおり1978年2月28日(火)、東北本線でのことである。

高校3年の春休み、あと1ヶ月で大学に通い始めるという時期、臨時列車を中心に追いかけていた私は富士重工で製造された50系客車の本線試運転を撮りに東北線に向かった。当時は旧型客車の置き換え用に大量の50系客車が製造されていた。その赤い車体は当時の標準色の概念を吹き飛ばす鮮烈なものだった。新製された客車は本線試運転を経て全国へ回送され第一線に送り込まれていった。その試運転や回送の任には当時当然のようにEF58が充当され、東海道スジではロクイチ(EF5861)も何回か充当されたのは有名な話である。

底冷えのする2月の最終日、東北線らしい場所ということで岡本ー宝積寺の鉄橋に早めに向かった。一人で待っているところにNさん、Tさんらの知人数人が来られ、その中の一人がUさんだった。

定刻どおりEF5865に牽かれた50系11両を撮ることが出来た。それがこの写真。当時の手帳を紐解くとEF5865運用の詳細は次のようになっていた。

宇都宮臨試351運用、9:31に単9855で鶴田に向けて発車。9:40に鶴田に着いて50系11両を受け取ってから10:42に回9586列車として宇都宮へ。宇都宮を試9557列車として10:56に出て黒磯に13:22着。入れ替え後試9556列車は黒磯を13:27に出て14:46に宇都宮に着くという行程。

撮影後、一緒に上りを撮ろうとお誘いいただき、バスで移動し昼食後に氏家の撮影地に皆で向かった。広々とした田園で寒風の中撮影し帰路に就いた。

この50系編成はこの夜回8104列車で上野に向かい、回1943列車で品川に。翌3月1日の回8113列車で九州の飯塚まで回送されていった。

Uさんとはこの日以降、沿線で何度かお会いするうちに親交を深めさせていただくこととなった。あれから33年余、今もって事前の連絡無しにでも線路端でお会いできることは大変幸せなことと実感している。

(写真・文:K.M)

1978年2月28日 試9557列車 宝積寺にて

67cl1332_2

|

« 西鉄甘木線 | トップページ | 「かもめ」装飾のD51940 »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/40860112

この記事へのトラックバック一覧です: EF5865の50系新製試運転 1978年2月28日:

« 西鉄甘木線 | トップページ | 「かもめ」装飾のD51940 »