« 久しぶりのブルトレ撮影 EF641032のあけぼの | トップページ | キハ185系団臨初撮り »

2011年5月12日 (木)

C6120の試運転 12系客車

このブログタイトルの「ロクイチ」は当然EF5861のことであるが、このたび復活を果たしたC61も、まあロクイチであるともいえる(そう言い出せばEF61などもそうなんだが・・)。

4月27日の旧客での試運転、5月5日のDD51とのコラボを撮って、なんだかC61がかなり気になりだした。

もともと火がつくと止まらない性分で、1992年の今頃は6週間連続で東京から新庄まで通いDE10重連の「あけぼの」を陸羽東線で撮ったし、3年前にC57180が門デフでヘッドマークを付けずに運転されたときも4月中の週末はすべて磐越西線で過ごした。

C61も営業運転までの期間に行われる試運転をなんとか撮りたいと思ったが、平日中心となろうことは明らかであったので半分あきらめてはいた。

ところが色々と算段を尽くした結果、なんとか1日空けることが出来たので出動してきた。しかし天気予報は最悪で、記録的な大雨も・・などと言っていたが、なにがあってもとりあえずは現地に行かないことには話しにならない。

幸い昼過ぎまでは概ね曇りで、午後も雨にはなったが大雨とまではいかずで済んだ。なにより驚いたのは人の少なさ。平日の悪天候の日ということもあろうが、休日なら三脚や脚立がてんこ盛りの場所も人気がなく薄気味悪いほど。

1枚めの岩本の踏み切りも、通過30分前に行ってみると全くの無人。一人寂しく構えていたら、多分渋川で抜いてきた電車に乗ってきた方々2~3名が加わっただけ。

究極は水上で、ある時間帯などはC61の周りに人っ子一人も居ない状態が続いていた。ずいぶん後退して広角レンズで撮っても無人となっていた。

午後は雨になったが、それなりに風情も出て、水上発車もなかなか良く、大満足の1日だった。

(写真・文:K.M)

2011年5月12日 試9735列車 岩本

Ssc_5940

ひと気の全くない水上で佇むC61。私の右にも左にも後ろにも、見回す限り人影はなし。

Ssc_5798

2011年5月12日 試9738列車 水上

Ssc_5869

|

« 久しぶりのブルトレ撮影 EF641032のあけぼの | トップページ | キハ185系団臨初撮り »

執筆者K・M」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

K.Mさま
共同管理人の皆様

はじめまして。

こちらには初めて書き込みいたします。


K.Mさま
C61いいですね。

お互い、大変な時期ではありますが、忙中暇有。
そういうゆとりは大切ですね〈笑〉

また、そのうち暇を見つけて、一献行きましょう。

投稿: SPブラック | 2011年5月12日 (木) 23時35分

SPブラックさん、コメントありがとうございます。これまでを振り返ると、仕事で多忙なときほど趣味のほうも密度濃くやっている傾向にありました。色んな意味での「バランス」を知らず知らずとっているのかと気づきました。そういう意味からすると、まだまだ頑張らなければならない時期が続きます(笑)。。  (K.M)

投稿: K.M | 2011年5月13日 (金) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/39966090

この記事へのトラックバック一覧です: C6120の試運転 12系客車:

« 久しぶりのブルトレ撮影 EF641032のあけぼの | トップページ | キハ185系団臨初撮り »