« キハ185系団臨初撮り | トップページ | 重連運転??? »

2011年5月18日 (水)

宮崎現役時代のC61

お見苦しいキハ185なんぞの写真を長時間晒しているのも大変心苦しいので、KMさんのC61に刺激されて、現役時代の宮崎のC61のネガを捜してみました。昭和493月、小生が千代田区の中学を卒業してその翌日からひとり旅立った宮崎での記録です。(以前、このブログでもC579の日南3号の写真を投稿させていただきました)早朝夜行で宮崎に着き、佐土原まで戻って佐土原~日向新富間の一ツ瀬川橋梁で撮った確か535レ。早朝の清々しい空気の中を颯爽と駆け抜けて行ったC61の姿は印象的でした。そして、お馴染みの宮崎駅のホームから撮った宮崎機関区で佇むC6118。隣には、ご存知お召牽引機のC57117の姿もありました。(今からすれば、生唾モノですね・・)恐らく、もうこの時は、C6118号機しか残っていなかったような気もしますので、20号機は撮っていないはずです。(記憶が定かでなく間違っていたらごめんなさい)某I氏も小生も現役時代のC61を知っているので、あの堂々とした貫禄ある姿には思い入れはかなりあり、是非復活したC6120は真面目に撮ってみたいのですが、現役時代は宮崎のカマしか見ていないせいか、どうもあのスノウプロウにやや違和感は感じてしまいます。(写真・文:TBlog_20115181

Blog_20115182

|

« キハ185系団臨初撮り | トップページ | 重連運転??? »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさま、こんばんは。
現役の頃のC61を撮影されているのですね。昭和49年3月と言うと私がまだやっと3歳になった頃で、
この様にSLが元気な姿で走っている写真は本でしか見たことがありません。
当時のようにSLがゴロゴロした機関区の風景はなんだか活気が有ると言いますか、
生活感がにじみ出ていると言いますか、電気機関車やディーゼル機関車しか知らない世代ですが、
この様な機関区の風景はとても懐かしく、昔に見た風景のように思えます。
また、Tさまの回顧録の紐を解かれるのをを楽しみのお待ちしております。

投稿: Ha | 2011年5月21日 (土) 00時21分

Haさま コメントありがとうございます。この頃は、本当に古き良き時代でした。その中でも宮崎は駅のホームからカマが文字通りゴロゴロしている様子をお手軽に撮ることができ、しかもカマの手入れも良くて、パラダイスでした。でも、私などSLを本格的に追っかけておられたお仲間の方々に比べれば、ほんのお遊び程度に過ぎず、お恥ずかしい限りです。

投稿: T | 2011年5月21日 (土) 16時58分

宮崎のパラダイスな情景ありがとうございます。この頃の一年の年の差は大きく、私は専ら山陰西部に通うのがやっとでした。若松、直方、行橋、後藤寺の炭鉱パラダイス機関区と、宮崎、吉松、人吉、鹿児島の南国パラダイス機関区…今でもスゴい面子が揃ってました。引き続きの回顧楽しみにしています。


投稿: T.A. | 2011年5月23日 (月) 20時51分

TAさんありがとうございます。でも、今から考えれば、もっともっと真面目に撮っておきたかったモノは沢山あります。当時は、ニコマートFTn一台で今のような機材やレンズも持ち合わせていなかったので、このようなアングルになっていますが、今だったら鉄橋脇から望遠で狙っているでしょうね。(笑)まあ、こうしたサイドっぽい写真も昭和の時代を感じます・・それにしても、復活したとは言え、どこで撮りますかねえ・・・

投稿: T | 2011年5月24日 (火) 07時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/40040397

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎現役時代のC61:

« キハ185系団臨初撮り | トップページ | 重連運転??? »