« 雨ニモマケズ | トップページ | 広島駅のロクイチ »

2011年4月13日 (水)

失敗作

先週後半から今週にかけて横浜の自宅に帰っていた。
東日本大震災の余震はとどまるところを知らず、4日間の帰宅中に震度4程度の地震が2回もあった。福島第1原発の冷却機能復旧作業も放射線によってはかどらす、心配のタネはまだまだ多い。

*************************************

統一地方選挙の前半戦が終わった今週月曜になって政府は原発事故の危険度をレベル7まで引き上げた。
報道によると枝野官房長官などは3月末にはレベル7という評価が下されても仕方がなかったとまで語っている。選挙への影響を懸念したとしか思えない姑息さが見え隠れする。今回の原発事故については放射線量の人体への影響についても後になって許容範囲をな高く設定し直すなど、後手後手に評価基準を見直すケースが多いのはどうしてか?政府、原子力保安委、東京電力の不可解で取って付けたような対応には不快感を覚える。

また、原子力保安委や東電の記者会見に出てくる担当者の、被災者や農業、漁業者への配慮に欠けたどこか「上から目線」なものの言い方も人間味を喪失しているように映る。技術系の人間の中ではエリートの方々なのだろうが、私の目から見ると無機質な印象で気分が悪い。機械ばかりを相手に、営業の仕事などをしたことのない方々なのかも。
こんな連中をテレビの前に出し続けていては真面目に働いている公務員、東電の社員やその家族まで非難されることになりかねない。もっと腰が低く、人間味あふれる語り口をもった人物を登場させることを考えるべきだ。

**************************************

今回は痛恨の失敗作をアップする。1981年2月14日に上野~神戸で走った「カルチャートレイン・ポートピア81号」。
このころはまだロクイチがヘッドマークを付けて走ること自体まれだったのに、その頃見つけた金谷~菊川の俯瞰場所をこの列車の撮影地としてしまった。
こうやって見ると機関車が小さく、何が何だか分からない。好きな機関車がこんなに小さくては消化不良も甚だしい。俯瞰撮影をするときは何度でも撮り直しのきく列車を選ぶべきだという教訓になった。

(写真、文 U)

Potopia

|

« 雨ニモマケズ | トップページ | 広島駅のロクイチ »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/39598615

この記事へのトラックバック一覧です: 失敗作:

« 雨ニモマケズ | トップページ | 広島駅のロクイチ »