« 7か月ぶりの蕨Sカーブ「あけぼの」 | トップページ | 北浦和で1032号機「あけぼの」 »

2011年4月29日 (金)

記録は記録

GW前半は仕事もあるので、高知に足止め。首都圏の皆様のブログを拝見しているとイベント列車を追って横川や水上辺りに遠出されている方々も多数おられ、昨年の後藤工場式デフのD51498の登場からもう1年経ったのかと思うと、随分月日の経つのが早いような気がする。小生の場合は仕方ないので近場でいつもの定点観測をしていたが、4/295/1は「あしずり3号」に珍しく非貫通の先頭車が入った。Uさんは非貫通の機関車がお好みでないが、小生の場合、機関車はEF81などでもOKなのだが、この2000系気動車はどうにも貫通型でないと性に合わない。幸いL特急「あしずり」は、通常グリーン車なしの編成なので非貫通型が先頭に来ることはまずないのであるが、運用の都合かこの2日間は不幸にも先頭になってしまったようだ。(小生はこの1年間で初めてお目にかかった)まあ、これも定点観測としての記録は記録なので、一応アップしておく。さて、今週は元キャンディーズの田中好子さんの訃報というショッキングなニュースがあった。我々の世代は、中学生高校生の頃キャンディーズの人気は絶頂だったし、(どうでも良いことだが)小生の場合は、ピンクレディーではなくあくまでキャンディーズ派であった。よって、「8時だよ!全員集合」は欠かさず見ていた。また、お仲間の一人のHo氏のように追っかけまではしなかったが、ラストコンサートのLP版は、何度も何度も聞いた記憶がある。(その割に先日テレビを見て最終曲が「つばさ」であることを33年ぶりに思い出したのだが・・)あれだけ元気の象徴のようにみえたスーちゃんが長い間病魔と闘っていたとは知らなかったし、告別式の際の肉声テープにも驚かされた。自分の死を悟りながらも最期まで立派に生き抜き、苦しいはずなのに被災者の方々まで思いやるという超人的な生き方・やさしさ・思いやりに、恥ずかしながら一人ボロ泣きした。心からご冥福をお祈りします。翻って、果たして自分は最期にあたってここまで凛としていられるのか想像もできない。この歳になると老後や死について考えさせられる場面も増えてきたが、明日何が起こるか分からないご時世でもあり、いつ死を迎えても悔いのないような充実した生き方をしたいものだ。また、健康で生きていられることの当り前の幸せに感謝を忘れてはならないと思う今日この頃である。さて、GW後半にはYM氏が飲み会をアレンジして頂いているようなので、またお仲間の方々に東京で再会できるのが楽しみである。(写真・文:TBlog_2011430_2

|

« 7か月ぶりの蕨Sカーブ「あけぼの」 | トップページ | 北浦和で1032号機「あけぼの」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/39822188

この記事へのトラックバック一覧です: 記録は記録:

« 7か月ぶりの蕨Sカーブ「あけぼの」 | トップページ | 北浦和で1032号機「あけぼの」 »