« 失敗作 | トップページ | 震災対応に追われて »

2011年4月19日 (火)

広島駅のロクイチ

そろそろゴールデンウイーク。震災の影響でさまざまなイベントが中止となりそうな気配だったが、磐越西線のD51498や上越線のDL、EL重連による旧型客車列車などは運転される見込みとなった。その前後には復元されたC61の試運転も始まり、少しずつではあるが徐々に復興へ向けて世の中が動きだし始める感がある。震災の影響で労働者の賃金などが抑制されそうな気配もあるが、それはある程度甘受しながら趣味も楽しんでいきたいものだ。
自分自身もゴールデンウイーク後半は、16日をもってDD51による燃料輸送が終わった磐越西線にD51でも撮りに行きたいと思っている。

しばらく更新が滞ってしまったが本日の画像は1980年7月23日に広島駅で撮影したEF5861×12系12両(もっとも客車は見えないが)と可部線の旧型電車の並び。
このときの仕業は東京(品川)→岩国→広島→宮原→下関→宮原→東京(品川)というもので、EF61に後押しされセノハチを越えるロクイチを撮るべく、当時の東京機関区技術管理室のKa氏に頼んでロクイチをこの運用に就けてもらった。
この広島駅の写真は岩国で乗客の宇都宮学園高の生徒を降ろした後、回送で広島に戻ってきたときのシーン。手前に電車が来てしまったが、旧型電車なら返って好都合。良い記録になった。

(写真、文 U)

Photo

|

« 失敗作 | トップページ | 震災対応に追われて »

執筆者U」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/39683111

この記事へのトラックバック一覧です: 広島駅のロクイチ:

« 失敗作 | トップページ | 震災対応に追われて »