« EF62重連貨物や、特急あさまを自宅から撮影 | トップページ | やっと捉えた土電213 »

2011年3月 1日 (火)

日本航空(JAL)のジャンボ(B747)

いよいよ今日でJALのB747もラストフライトとなる。かたや、昨日は鶴丸の復活ということでのお披露目があった。世間が騒ぐとなぜか冷めてしまう性分なので静かにJALジャンボを見送ることとしたい。

結果的に最後に撮ったのは1月8日の羽田空港で釣り船をチャーターして撮ったD滑走路から富士山を背景に離陸し、少しひねりを加えながら青空の中に消えていく姿だった。

初めて搭乗してから36年、搭乗機体は20機弱、回数は30回ほどしかないが、そのほとんどは欧州路線なので時間的にはそこそこ乗っている。その半分くらいはビジネスクラスで、ファーストクラスも2度ほど経験できた。

撮影済みも、早期に無くなったJA8109や御巣鷹のJA8114などは撮れなかったが、貨物機も入れて100機程度はカウントされていると思う。

そんな思い出深いJALのジャンボ、最後のショットを記念にアップしたい。

(写真・文:K.M)

2011年1月8日 羽田空港にて

Ssc_0657

|

« EF62重連貨物や、特急あさまを自宅から撮影 | トップページ | やっと捉えた土電213 »

航空機」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/39055437

この記事へのトラックバック一覧です: 日本航空(JAL)のジャンボ(B747):

« EF62重連貨物や、特急あさまを自宅から撮影 | トップページ | やっと捉えた土電213 »