« 水上機関区に佇むEF16 | トップページ | 上越国境で活躍するEF1612 »

2011年2月 4日 (金)

私も水上機関区のEF16

こちらのブログ、このところT氏、M氏にお任せっきりで怠けておりました。お二方ともありがとうございます。
さてこのところ大阪~東京を行ったり来たりで関西では鉄道撮影をほとんどやっておりません。横浜に帰っても先日などは4日続けて「あけぼの」が大雪で運休となり、畑違いの小田急電車などでストレスを解消している昨今です。ただそろそろ日の出時刻も早まってきましたから定時で「あけぼの」が上ってきても東十条あたりでキャッチでき、それはそれでまた楽しみです。
3月以降は青森ディストネーションにでも重ねるように、大船~青森で24系客車を使用した「あおもり」(ヘッドマーク付き)、583系の「ふくしま花見山」号(4月9,10,16,17,23,24、仙台~福島で運転)、D51498の「ばんえつ物語」、DE10重連の「DL村上ひな街道」、大阪ではゆうゆうサロンのお別れ列車など面白そうな列車がめじろ押し。全てを撮りには行けませんがひじょうに楽しみな春到来といったところでしょうか。

今回はK・M氏と同じく当時の水上機関区で撮影した運転室扉にひさしの付いたEF1612をアップします。同氏とは違って35ミリのトライXでシャープさに欠ける画像ですが、EF16がゴロゴロしていた頃の同機関区が偲ばれます。

(写真、文 U)

Ef16

|

« 水上機関区に佇むEF16 | トップページ | 上越国境で活躍するEF1612 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/38732785

この記事へのトラックバック一覧です: 私も水上機関区のEF16:

« 水上機関区に佇むEF16 | トップページ | 上越国境で活躍するEF1612 »