« 上越国境で活躍するEF1612 | トップページ | 撮影地新規開拓(続) »

2011年2月 6日 (日)

今月の1枚 (1月)

またまた間があいてしまった・・

カレンダーは早くも2月に突入しているが、1月に撮影した中から選んでご報告する。

今月(1月)は、仕事がらみではあるけれど、長野へ2回遠征してきた。どちらも中央西線の貨物列車をメインとした動きをして、残り時間で115系電車の団臨と、長野電鉄2000系を狙ってきた。今年は、全国的に雪が多く寒い日が多いようで、久々の西線の雪景色を堪能できたことが最大の収穫か。この時期は、ここを走る貨物も運休なくほぼ運転されているのも、撮影には都合が良い。朝まだ暗いうちから動き出し、南松本で、カマ番を確認後撮影地へ先回りするのもいつものやり方だ。ロクヨンの0番代が当たり前だった西線も、ご承知の通り今やロクヨンの1000番台が台頭している。わずかに残っている0番代も遠征した2回ともたまたま撮影できたので幸運だったかもしれない。掲載写真は、奈良井を発車し小雪降る中を徐々に速度を上げてきた重連のEF641000番台6883レ。運悪く先頭は国鉄色であった。できれば重連のカマ色はお揃いで来て欲しかったから、この時はそう思ってしまった。まぁどちらかと聞かれれば、もちろん国鉄色なんでしょうけど。この6883レは、途中何度か長時間停車があり、無理なく数回撮影ができるので、このスジを行程のメインとすると効率が良いことも今回わかった。ロクヨン好きな皆さん、石油輸送盛んなこの時期に行かれてみては如何でしょう。

2011115_6833_ef6410161028

2011年1月15日  中央西線:奈良井-木曽平沢  6883レ

さて2月は、どんな報告ができるだろうか。気負うことなく自分らしい写真を目指していきたい。乞うご期待としておこう!

(写真・文: K )

|

« 上越国境で活躍するEF1612 | トップページ | 撮影地新規開拓(続) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/38751523

この記事へのトラックバック一覧です: 今月の1枚 (1月):

« 上越国境で活躍するEF1612 | トップページ | 撮影地新規開拓(続) »