« 謹賀新年 | トップページ | お召し列車の朝 »

2011年1月 2日 (日)

日常の風景 根府川鉄橋を渡る列車たち

新年を迎えたが、私の生活は普段とあまり変わらない。実家や親戚でちょっと集まって食事をする程度。12月31日から1月3日までの単なる4連休といった感じである。

この休みで昔のネガをスキャンしている。大量にあるネガからまず手をつけたのが400本ほどある6X7ブローニである。当時は1コマ1コマ、気合を入れて撮っていただけあってスキャンしながら当時のことを思いだしたりもした。その9割は白黒のトライXで、当然自分で現像していた。フィルムシートの端には現像の記録もマジックで書かれており「D76 1:1希釈・21度・11分」というのが多く見られた。

まだ1割も終わってないので、このペースでやっていっても1~2ヶ月はかかると思うが、天気の悪い週末などのお楽しみとしてはなかなか良い作業である。

このところ根府川のロクイチを皆さんアップされているので、私もその線でスキャン画像から探してみた。

アップしたのは上り列車を撮る定番位置からの3枚。ブルトレ撮影の超有名地であり、駅からも極近なので良く通ったものである。

ロクイチやブルトレの合間の列車にはあまりシャッターを切らなかったが、6X7の10枚目などの捨てコマ(現像でムラが出ることが多いので、1コマ目と10コマ目は重要列車の撮影には使わなかった)には今となっては結構懐かしい列車が写っていた。

1枚目は1980年3月3日の6314列車を牽くEF5861(ロクイチ)。このあと大船で追いつき、その後蓮田に先行して上野側で走行を撮影後、停車時間を利用して徒歩で駅の黒磯側まで追い抜いて、電車と徒歩で片道4回撮ったもの。

2枚目はごく当たり前の電車だが、今見ると結構な長編成である。

3枚目は同年3月25日に撮影の1690列車、機関車はEF15187である。私はEF15には詳しくないので詳細はYMさんのフォローに期待したい。

「何とか列車が廃止になる」といって最後のほうだけ熱中して追いかけることを否定するものではないが(「葬式鉄」とかいうらしいですが)、やはり普段の姿を普通に撮っておくことが一番大事だと感じる。

(写真・文:K.M.)

1980年3月3日 6314列車

67bw1237

1980年3月3日

67bw1236

1980年3月25日 EF15187 1690列車

67bw1371

|

« 謹賀新年 | トップページ | お召し列車の朝 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

明けましておめでとうございます。ご指名?頂きまして光栄です。
 根府川を通るEF15の貨物列車は、確か伊東まで往復するものが1往復残っていたと思います。1980年3月当時は新鶴見区の担当でしたが(写真の187号機も新鶴見配置)、間もなく同区のEF15が全廃となり、この運用は東京区のEF15に移管されました。多分、伊東線はEF65などの新型電機の入線に問題があったのでしょう。そして、確かの記憶ではないのですぐが、おそらく1984年2月のダイヤ改正(貨物の拠点間直行化が実施された改正)で、この伊東線乗り入れの貨物列車が廃止されました。
 ちなみに僕は、根府川の鉄橋でEF15牽引貨物列車を一度だけ、1981年12月に撮影したことがあります。東京区のHゴムなしのEF15 157が来たのですが、牽引していたのがヨ1両だけでがっかりでした。

投稿: YM | 2011年1月 4日 (火) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/38312103

この記事へのトラックバック一覧です: 日常の風景 根府川鉄橋を渡る列車たち:

« 謹賀新年 | トップページ | お召し列車の朝 »