« 一度だけの「はくつる」撮影 | トップページ | EF58重連 荷37列車 »

2011年1月 6日 (木)

高崎第二機関区のEF12、EF15

通称「タカニ」と呼んでいた高崎第二機関区には1970年代後半、EF58、EF12、EF15、EF62など100機近い直流電気機関車が集結していた。78年10月に運転された長野国体の折のお召し列車ではEF5861やEF6211・EF6218の旗開きも撮らせていただくことが出来た。

その翌年の1979年に訪問した際にも、快く構内での撮影許可をいただき、大変良い状態での機関車の撮影が出来た。

EF1216やEF1551といったスノープラウが付いた好ましいスタイルの機関車をペンタックス67で納得いくまで撮影できた。しかしこのとき、構内で朽ち果てようとしていたEF551がその後復活を果たすとは夢にも思わなかった。そして逆に写真の機関車たちは数年後に姿を消していった。運命とはわからないものである。

(写真・文:K.M.)

1979年5月29日 高崎第二機関区にて

EF1216

67bw1042

EF1551

67bw1045

|

« 一度だけの「はくつる」撮影 | トップページ | EF58重連 荷37列車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/38365841

この記事へのトラックバック一覧です: 高崎第二機関区のEF12、EF15:

« 一度だけの「はくつる」撮影 | トップページ | EF58重連 荷37列車 »