« D51498 | トップページ | 惜別 EF81常磐貨物 »

2010年11月30日 (火)

明日からもう師走

先日の山口線では、津和野周辺をはじめ景色そのものにも魅了される場所も多かった。ここ四国の地もそうであるが、非電化区間であることで当然のことながら架線も架線柱もなく、首都圏鉄ちゃんでは味わえない自然とのコラボもあるように思えてきた。魅力的な被写体がないのはまぎれもない事実ではあるが、まあ、この地に住んでいるのも何かのご縁でもあるので、もっと色々と新しい場所も開拓して、非電化区間ならではの写真も撮って行きたいと思う。(高知県の山地率は何と89%であるので、なかなか綺麗に撮れる場所の開拓も難渋であるが)一方でUさんがご自身のブログで披露されているような、鴬谷の「あけぼの」超望推回なども大変インパクトがあり、首都圏鉄ちゃんも、これはこれで捨てられない魅力があることも事実。やれやれ、小生の場合はまだまだターゲットを絞り切れない中途半端な雑食鉄なのでしょうね。どこかのお騒がせの歌舞伎役者ではないが、芸の修行の前にまだまだ人間修行が必要なのかもしれない。ところで、「龍馬伝」もついに最終回を迎えてしまった。桂浜にある「坂本龍馬記念館」に行った際には、「近江屋」の一室を再現したものもあり、暗殺の首謀者には諸説あることや最期の瞬間はもっともっと壮絶かつ凄惨な死であったことを学んでいたので、福山龍馬が斬られたあとも中岡慎太郎と会話しているシーンはドラマとは言え大変興ざめしてしまった。高知在住の人間として最終回まで見たものの、大河ドラマとしては個人的には、満足度が低かったように思う。むしろ、来週から始まる年末恒例の「坂の上の雲」の方が楽しみである。全く、何を言いたいのがよくわからないブログになってしまったが、明日からもう師走。何だか月日の経つのは早いものである。結局12月のダイヤ改正までには東京には戻れる予定はないので、もう常磐線で見慣れたEF81牽引貨物の最期も見送ってあげることはできそうもない。(写真・文:TBlog_201011301

Blog_201011302

|

« D51498 | トップページ | 惜別 EF81常磐貨物 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/37906008

この記事へのトラックバック一覧です: 明日からもう師走:

« D51498 | トップページ | 惜別 EF81常磐貨物 »