« 振子装置の故障? | トップページ | 「海王丸」との出会い »

2010年11月13日 (土)

昨日の「あしずり1号」 & 高知上空の飛行機雲

昨日、仕事の合間に偶々近場で撮った「あしずり1号」。例の2153が先頭車両で、何事もなかったように通り過ぎて行きました。まあ、故障らしき箇所を修復したのであればよいのですが、この間の現象は何だったのか結局のところ謎です・・ついでに、季節はずれの黄砂が舞っていた空を見上げると、東の方からこちらに一直線に向かってくる飛行機雲。ジェットエンジンからは、4本の筋が綺麗に噴き出していました。ジャンボ(B747)の機影だと思われます。さすがに70-200ズームだったので航空会社までは地上からは確認できなかったのですが、いよいよ普段見慣れていたジャンボの姿ももうすぐ見収めかと思うと非常に寂しい気持ちです。国際線・国内線も含めて、いったい何度搭乗したのか数えきれません。(ニューヨーク、ロンドン、パリ、大西洋線、シンガポール、香港、バンコック、台北、デンパサール、ホノルルetc・・)特にダッシュ400は、私にとってはA340とともに大好きな4発機でした。JALB747は早足でカウントダウンが始まっているようですが、もう搭乗するチャンスはないかもしれない・・B747の話をし始めるとKMさんが黙っていないはずなので、私の話はこれくらいにしておきますネ。(写真・文:TBlog_201011131

Blog_201011132

|

« 振子装置の故障? | トップページ | 「海王丸」との出会い »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

投稿: MR.T | 2010年11月13日 (土) 23時10分

MR.Tさま コメントありがとうございます。英文のものも含めご指摘の複数のサイトを拝見しました。難しいことは私のような者にはよくわかりませんが、金曜日から四国周辺には黄砂が広く観測されていることは、気象情報でも何度も流されており、少なくとも肉眼でも空が黄色っぽく見えておりました。私は7年弱米国にも在住した経験もありますが、気象状況に応じて様々な飛行機の航跡も目にしております。その上で、今回のケースがCON なのかCHEMなのか、この写真だけで断定することは難しいかと思いますし、私のような素人には見た目は「飛行機雲」だったので、今回はあえてタイトルはそのままにさせて頂きたいと思います。ご容赦ください。まあ、今後は色々な目で空を見上げてみたいと思います。

投稿: T | 2010年11月14日 (日) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/37645396

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の「あしずり1号」 & 高知上空の飛行機雲:

« 振子装置の故障? | トップページ | 「海王丸」との出会い »