« お久しぶりです | トップページ | 湘南色185系を撮る! »

2010年10月11日 (月)

近況報告

925日に12時間かけて高知まで愛犬と家内を乗せてマイカーで来たのだが、あっという間に2週間が経ち、9日(土)に全線豪雨のなか高知から自宅に戻ってきた。陸路だと片道860キロの道のりであるが、行きは12時間、帰りは数か所でモロに渋滞にハマり、何と15時間もかかってしまった。その間、大雨の中何度もワンコのトイレ休憩もしなくてはならず、家内共々疲労困憊であったが、瀬戸大橋経由だとETC利用で高速代は首都高も入れて4千円ちょっとで、さらに今度の車はリッター15キロ程度は走るのでかなりコスト的には低く抑えることができた。何はともあれ、犬好きの小生としてはワンコを高知まで連れて来ることができて大満足であった。残念ながら3連休前半は雨に祟られたが、今朝は秋晴れの予報であったので、(1120分のANAに乗る必要があるにも拘らず)無謀にも朝練を決行してしまった。さすがに10月のこの時期は頭に朝陽を当てた写真を撮ろうとすると撮影場所はかなり限定されるが、北浦和の雑草問題がまだ解消しないとなると最初から南浦和しか念頭になかった。やっと夜が明け始めた現地に515分頃到着し、申し合わせた訳でもないが程なく見なれたUさんのお車が到着した。二人ともいい加減、毎度お馴染みの撮影地には飽きた感が否めないが、それでも来てしまうというのは、お互い「あんたも好きね!」としか言いようがない。「あけぼの」は、せめて1052号機でも良いと思っていたが、来たのは最悪の1051号機!しかも、足元に杭のかからないベストの位置にはザックリと架線柱の影が出て、到底容認できる出来にはならなかったが、Kさんにも本当にお久しぶりに現地でお目にかかることができ、家で惰眠をむさぼっていなくて良かったと思った。それから速攻で自宅に帰って、犬の散歩を済ませ、850分には再び家を出て羽田に向かった。いつものことであるが、高知行きのANA70番スポット辺りのことが多く、手荷物検査を受けてから延々500メートル以上歩くのが大変面倒ではあるが、それでも乗ってしまえば僅か1時間ちょっとで高知龍馬空港に着いているのであるから、やはりコストパフォーマンス的には圧倒的に飛行機が強みを発揮している。つい2日前まで室内を騒々しく駆け回っていたワンコの姿はアパートにはなく、ただ静かに秋の虫の声が聞こえてくると、何だか一人暮らしの侘しさを痛感してしまうが、今月はもう一度東京出張のチャンスがあり、その際にはついお手頃価格になって衝動買いしてしまった7Dの試運転もしてみたいと思っている。(写真・文:TBlog_201010111

Blog_201010112

|

« お久しぶりです | トップページ | 湘南色185系を撮る! »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、昨日はお疲れさまでした。9日に車を運転して帰京し、一日休んで朝練。とんぼ返りで帰宅し犬の散歩後、高知へ取って返すというのは大変だったことでしょう。それでも好きなことには寸暇を惜しまないというのはまだまだお若い証しでしょう。そろそろ朝練もシーズンオフとなりますが次回はEOS7Dをぜひお試し下さい。
ところで先日、T・A氏のお宅におじゃました際、おいしいものを食べに高知へ行ってみたいと話したところT・A氏もちょっと乗り気のご様子でした。鉄道撮影の方は肩の力を抜いてJRの特急などを撮るにしても、クジラ(これはTさんお好きではないとのことでしたね)や土佐清水のサバ、カツオなどでうまい酒が飲めたら幸せです。もしかしてそんな話がまとまれば鉄道談義にご一緒して下さいますようお願いします。
近々、また線路際でお会いしましょう。

投稿: U | 2010年10月12日 (火) 12時00分

Uさんもお疲れ様でした。まあ、私の場合は海外の往復などを頻繁にしていましたから、自分の中で高知は遠い場所とは思っていないんだと思います。高知へは、お仕事でもプライベートでも何でも理由をつけて、是非いらっしゃってください。以前にもお話ししました通り、お酒好きの方には天国のような場所ですので・・今回車で行って、高知から大阪まででしたらそんなに苦になる遠さではなかったので、私の方こそ大阪にお邪魔する口実を考えたいと思っています。

投稿: T | 2010年10月12日 (火) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/37187867

この記事へのトラックバック一覧です: 近況報告:

« お久しぶりです | トップページ | 湘南色185系を撮る! »