« 一度きりの大磯のホーム | トップページ | 豪雨の軽井沢へ »

2010年10月31日 (日)

自分の夢

台風は何とかコースを外れ、高知は被害を受けることもなかったが、台風一過とはいかず、週末は2日間とも冴えない天気で、日曜日は昼前からずっと雨であった。偶々この週末は仕事の面でも全くやることはなく、暇をもてあまし、仕方なく午前中にちょっとだけ近場に撮影に出掛けた。かと言って例によって別に目新しいものが撮れる訳でもなく、少し新しいアングルで撮れる場所を探してみたくらい。そうした中で今日の成果は「南風8号」がN2000系であったことと、土佐くろしお鉄道なはり線から乗り入れている「やたろう号」なる9640-1S形オープンデッキ付気動車が撮れたことくらい。そのあと、天気も悪いので、近くのツタヤでDVDを借りてきた。中井貴一主演の「RAILWAYS」。一流企業の経営企画室長のポストを捨てて、49歳ではじめて故郷の一畑電鉄の運転手になるという話。現実にはまずあり得ない話であるが、主人公が何度も言っていた「自分の夢」を叶えるというところに妙に感動した。このブログに登場する多くのお仲間の中には、趣味が高じて鉄道や写真、模型に関する職業を天職にされている方々が多数おられる。私にとっては何とも羨ましい限りだ。(勿論、それぞれのプロとして、並々ならぬ御苦労をされていて、良いことばかりでないことは十分わかってはいるが・・)翻って自分はというと、鉄道とは一切関係ない会社のサラリーマンになり、それなりに世界を股にかけてやってきたが、一生の大半を会社の為に捧げ、今は第二の職場で地方で単身赴任生活。家族を養っていかなくてはならないという使命はあっても、いったい「自分は夢を追いかけて生きているんだろうか・・」と改めて考えさせられた。人生の折り返し地点はとっくに過ぎているので、いまさら人生を大きく変えることはできないが、せめて趣味の世界では、まだまだこれからの人生「自分の夢」を追いかけて生きていきたいものである。何かしんみりと色々考えさせられる映画であった。(写真・文:TBlog_20101111

Blog_20101112

|

« 一度きりの大磯のホーム | トップページ | 豪雨の軽井沢へ »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/37479114

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の夢:

« 一度きりの大磯のホーム | トップページ | 豪雨の軽井沢へ »