« 吾妻線の想い出 | トップページ | イベント特急583系「はつかり」 »

2010年10月16日 (土)

煙の〝競演〟

今日は久しぶりに大阪で鉄道撮影をした。古くからの友人A氏にDD51の牽くサロンカー「なにわ」や梅小路蒸気機関車館、京阪電車などを車に乗せてもらい回っていただいた。
「なにわ」は残念ながら普通電車に被られ撮影はできなかったが、集約臨時列車でやって来た583系や11両に編成を増した「日本海」などを撮影できた。

梅小路蒸気機関車館へは7年半ぶり。前回の大阪赴任中にも一度行ったことがあるが、そのときはカメラも持たず、京都駅そばの八条口模型や東寺などを一人で散策した。当時は鉄道撮影から全く足を洗っていた時期で、せっかく大阪にいながら関西発着の九州ブルトレなどを一切撮影しておらず、今考えると実にもったいないことをした。
梅小路蒸気機関車館は土曜日だというのに入場者もそれほど多くなく、なんだか閑散とした感じ。展示されている蒸気機関車も煙を上げているのはSLスチーム号の8630だけといった有様で、「動態保存」の様相ではない。扇形車庫の外に展示されているB2010、C551、C581、C621、D511、D51200などはかつて機関区の側線に留置された廃車体のようにも見えてしまう。それでも手入れは行き届き、いざ復活させようとするなら何とかなりそうな状態ではある。自分のブログにも書いたように今回はD52468に注目した。いずれ16番の模型で北海道タイプのD52を製作してもらおうという魂胆があるからなのだが、そのパワー感あふれる姿は一度庫外へ出して展示して欲しいと思った。今、山口で走っているC56160、C571も正式には梅小路蒸気機関車館の所属のものだが、年間を通してここにいることはあまりないようだ。
その山口線にも久しく行っていない。92年から94年に福岡に赴任していたときに数回行ったきりだから、すでに16年以上はご無沙汰だ。最近はC571もあのインチキ集煙装置を外して走ることが多くなっているようでその姿を見てみたい気はする。どうにか機会をつくりたいものだ。

今回アップするのは1980年3月、まだ山口線の予備機として小郡(現新山口)にいたC581を山口駅構内で展示したときのもの。C571の牽く「やまぐち」号の発車に合わせてC58はモクモクと煙を上げてファンの前で〝競演〟した。スケールこそ異なるが現役時代の追分駅構内の様子を彷彿させる光景だった。

(写真、文 U)

Photo

|

« 吾妻線の想い出 | トップページ | イベント特急583系「はつかり」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/37275722

この記事へのトラックバック一覧です: 煙の〝競演〟:

« 吾妻線の想い出 | トップページ | イベント特急583系「はつかり」 »