« お召し列車に敬礼 | トップページ | E655お召し列車の「旗」 »

2010年9月28日 (火)

EF64のお召し列車

Kさん、YMさん、KMさん、お召し列車撮影お疲れさまでした。当方はどうもこのE655系に食指が動かず今回はパスしました。個人的には機関車が牽かないと魅力を感じないというのが正直な気持ちです。
その昔、われわれがもっともっと鉄道撮影に熱を入れていた頃、お召しと言えば無我夢中で追いかけましたね。へそ曲がりな自分は列車そのものよりも御料車を牽く、ピカピカに輝く機関車の方に目が向いていて走行シーンはかなりいい加減に撮っていたように思います。
ロクイチだって旗のない姿の方が魅力的で、ある雑誌に大窓を隠す日の丸はない方が良いなどと書いたことを覚えております。そんな憎まれ口はともかく、お召し列車牽引のためにきれいに整備された機関車は新製直後の姿以上に神々しく見えたものでした。

もはや一号編成は使われることはなくなり、機関車がお召し列車を牽く機会も滅多なことでは実現しないかもしれませんが、E655系が非電化区間に入線するチャンスがあればその時こそお仲間の方々とご一緒したいと考えております。

1978年10月、長野国体の際に走ったEF64のお召し列車をアップします。この時、私は下りのお召し列車を牽いたロクイチを高崎第2機関区で撮影、大いに満足し篠ノ井線にまで追いかけた皆さまとは別れて帰京しました。そして数日後、東京に戻るこの列車を単独で撮りに行きました。この時はどこで撮ったら良いのか分からず、ダラダラと列車に乗ってなんとなく撮影しやすそうな駅構内の広い上野原で下車しました。
ご覧いただくとお分かりのように光線状態も悪く、しかも両陛下の乗る御料車も側面がよく見えないひどいアングルです。数日前に撮影したロクイチの姿に満足していましたから、これはついでとばかりいい加減な姿勢で撮ったことが見え見えですね。

(写真、文 U)

64_3



|

« お召し列車に敬礼 | トップページ | E655お召し列車の「旗」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/36970357

この記事へのトラックバック一覧です: EF64のお召し列車:

« お召し列車に敬礼 | トップページ | E655お召し列車の「旗」 »