« お恥ずかしい写真 | トップページ | お召し列車に敬礼 »

2010年9月26日 (日)

千葉県内を走った列車

自分のブログに記したように本日の〝朝練〟はやむなく中止。持病のぜんそくの発作というやむを得ない事情はあったものの、朝方にはいくらか睡眠がとれたのだから決行しようと思えばできたかもしれない。撮影機会の少ない1032号機牽引の「あけぼの」を南浦和で撮りたいという希望は8月に続いてまたもや自分の気力のなさで実現できなかった。それでも「あけぼの」自体は今後も存続するし、好きな撮影ポイントもずいぶんと網羅してしまったわけだから、これからゆっくりチャンスをうかがえば良い。早い段階で何もかもかなえられてしまっても目標を失うだけ。どのみち「あけぼの」は夏の日の出の早い時期でも高崎以南しか撮れないから、焦らず一回一回地道に撮影に通っていればいずれ気のすむ結果を迎えられよう。

ただ、今回の帰宅では最後まで線路際でカメラを構えることがなく、それが少々悔しい。先週。南浦和でK氏に千葉国体のお召し電車撮影に誘われたものの、「あんな気持ちの悪い電車など撮りに行かない。そのくらいなら双頭連結器のEF64ではなくとも『あけぼの』に行く」と断った手前、なんとも情けない気持ちも残る。要は気持ちの衰えをそろそろ自覚する年齢ということに一抹の寂しさを感じた。

とは言え決してお召し電車の撮影に行く気はなかった。一昨年11月に話のタネと思って常磐線を走ったE655系初のお召し列車に行ったが、あのグロテスクで何とも言えないご面相と塗色に愕然として(あくまでも主観の問題として述べさせていただく)、機関車にでも牽かれない限り二度とあの電車は撮りたくないと感じた。
きっと今頃、お召し電車の撮影を終えた畏友K氏は満足して東京湾横断道路で帰途に就いているのだろう。撮りたい対象を撮りに行ける彼の気力には心から敬服するが、自分の中でお召し電車はもはや、あのお祭り騒ぎやその中で繰り広げられる喧噪を我慢してまで出かける対象ではなくなってしまった。そんな騒ぎを我慢しても行きたくなるようなお召し列車はもう走らないのだろうか?かつて仲間が集まって撮影に行った頃が懐かしい。
明日も房総半島にはお召し電車が走る。最後は夕方、京葉線経由で東京地下駅に到着すると言うから楽しみにしているファンも多いだろう。自分の好みは別として、それぞれが良い記録を残さんことを願ってやまない。
今回は昔撮影した房総方面を走った列車の画像を見つくろった。いずれも地味な存在だった。

(写真、文 U)

Photo_6     1979年9月2日撮影の「アポロ号」 津田沼のホームで撮影したが今となっては どういう経緯で走ったかは不明だ。

Photo_7     1979年4月15日にこれもまた津田沼のホームで撮影した「思い出の房総号」

 

Ef803_2     1977年4月15日に下総中山で撮影したEF803とDD51の貨物列車。おそらくDD51は無動力扱いで回送されていたのだろう。  

Ef80_4     1977年4月23日に下総中山で撮影したEF8018とDD51の貨物列車。手前のホッチキス状の柵が目障り。

Photo_10     東京と千葉県内各所を結ぶ急行には「犬吠」「外房」「内房」「鹿島」「水郷」があったと記憶している。このうち「水郷」と「鹿島」は意識しないと撮りづらいスジの列車だった。
1982年5月船橋~東船橋で撮影。

Photo_11     1977年4月23日 津田沼のホームで撮影した「犬吠」

 

Photo_12     1977年5月14日 下総中山で撮影した「内房」。グリーン車(手前から2両目)の帯もまだ健在だった。

 

Photo_13     1980年12月17日 成田~久住で撮影した「鹿島」。この日はDD51のお座敷列車を撮りに行った(2009年6月29日のブログ参照)

Photo_14

最後におまけ。1977年4月23日に新京成 薬園台~前原で撮影した800系電車。つい先ごろお別れ運転を行った記憶は新しい。

|

« お恥ずかしい写真 | トップページ | お召し列車に敬礼 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

さすがに元地元写真9連発は壮観ですね。特に153系低運転台車は電車の中でも大好きな顔なので、懐かしいとともに何でもっと真面目に撮っておかなかったのか後悔させられます。さて、655系お召しは、色もそうですが、やはり「人相」が悪いですよね。皇室の方を乗せるにはどう見ても悪人の顔つきです・・(笑)。ところで、「あけぼの」は連日双頭機だったようで、私も結構落ち込んでいます。実は、23日はペット同伴で高知に戻るには天気が悪すぎたので、昨日(12時間かけて)高知に戻ってきました。(結構楽しみながらドライブしてきました)従って、24日朝までこっそり朝練をやっていたのですが、最後まで1051が来てガッカリでした。(おまけにピン甘写真で撃沈・・)さらに、23日は、自宅前を迂回の「北斗星」が通過したのにも拘らず、後から気付き、こっちも結構引きずっています・・(まあ、何か良い写真が撮れた訳でもないですが、自己嫌悪に陥ってます・・)これから2週間は家内と愛犬も一緒なので、まあ平凡な家族との触れ合いと仕事に生き甲斐を見出すことにします。。

投稿: T | 2010年9月26日 (日) 18時30分

平凡な家族との触れ合いこそ最も大切なひとときでしょう。奥様が2週間も赴任先に滞在できるのはとってもうらやましく思います。自宅とは環境の異なる住まいでご家族と過ごすのも、新婚時代をほうふつさせる面もあるかと思います。季節も良くなり、高知でいろいろな所を見たり食べたりして高知を堪能してください。

来月は「体育の日」を挟む連休に帰宅します。南浦和で1032号機の「あけぼの」を撮れれば嬉しいのですが…。

投稿: U | 2010年9月28日 (火) 13時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/36936911

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県内を走った列車:

« お恥ずかしい写真 | トップページ | お召し列車に敬礼 »