« 美しい顔 | トップページ | 温故知新 »

2010年9月11日 (土)

残暑厳しき中の鉄ちゃん

先週までで、かなりの仕事の山を乗り切った感があり、この週末は久しぶりにアパートでゆっくりできる。私の場合、忙しいとサボりたくなるが、暇だとじっとしていられないという天の邪鬼なので、今朝も天気が良さそうだったし、布団の中でじっとはしていられなかった。6時前から起きだし、洗濯機を回しながら、朝食をとり、9時過ぎの上り「南風8号」を撮ろうと勝手に心の中では決めていた。ましてや単身赴任者であるので、誰に遠慮する必要もない。そうは言っても、いつものように一番の問題は被写体である。(先週、一応禁断症状を防ぐだけ「あけぼの」のカンフル注射は打ってあったが、せめて機関車の写真を撮りたいよなあ・・)土佐大津の国道からの俯瞰場所は、背景がうるさいが、朝の上り列車は順光で撮影でき、今日はN20003連が来てくれたので、まあ良しとしたい。(N2000系は順光下では、初めて撮影できた)それにしても、9月になっても、さすがに南国土佐の暑さは半端ではない。ちよっと待っているだけで汗がダラダラ流れ落ちる。一旦帰宅して、今後は部屋の掃除をしたりしていたが、午後になっても天気は良いままであったので、近場で例の絶滅危惧種「あしずり1号」を撮ってみることにした。アパートから僅か5分ちょっとの踏切でのお手軽写真と相成ったが、例によって2連のL特急は振子の作用で、目一杯車体を傾けながらカッとんできた。先日の2154もそうであったが、今日の2155も普段は中間車として使っているのであろうか、前面にホロ付きで、(ガラスは虫だらけであったが)スカートのあたりの汚れはあまり目立たなかった。この場所の滞在時間も僅か20分程度であったが、真昼間の太陽光線は厳しく、汗だくになってしまった・・ところで、今日は911NY駐在時代に7年間仕事をしたWTC(ワールドトレードセンター)の悪夢の日からもう9年が経ってしまったかと思うと、何だか時間の経過が随分早い気がする。皆様にとっては、ある程度テレビ画面の中での出来事であろうが、私にとってはあの日は一生忘れることができない・・(写真・文:TBlog_20109111

Blog_20109112

|

« 美しい顔 | トップページ | 温故知新 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

Tさん、残暑というより、引き続き猛暑の中、頑張っていらっしゃいますね。この夏、こちらは用事があって大宮に出かけた際に、ホームでEF510の「北斗星」とはじめて撮った位です。
WTCでTさんにお会いしてから15年もたちますが、あの時はありがとうございました。僕でさえあのテロ事件は大ショックでしたから、Tさんにとっては本当に忘れられない出来事なんでしょうね。
いつか、米国の写真もアップして下さい。

投稿: YM | 2010年9月12日 (日) 11時37分

YMさん いつも駄作ばかり並べたてて申し訳ありません。 まあ、とりあえず生きてるっていうことをお伝えしたいだけですので、適当に読み飛ばしてくださいませ。さて、WTCでお会いしてもう15年ですか。随分経ってしまいましたね。私も先日東京に戻った際に貴兄の手がけられた某MOOKを拝見したのですが、昭和50年代が懐かしくて思わず衝動買いしてしまいました。(こういった本は田舎の本屋には並ばないので、遅ればせながら東京の本屋で見つけた次第・・)殆どの写真がもう今から30年程度前のようですが、我々にとっては、ついこの間のような光景に思えて仕方ありません。あの頃の車輛は、15にしろゴハチにしろ、渋い味わいがありましたが、EF510や四国の今時の特急などは無味乾燥で、たとえ30年経って見ても感動することはないんでしょうね・・

投稿: T | 2010年9月12日 (日) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/36675564

この記事へのトラックバック一覧です: 残暑厳しき中の鉄ちゃん:

« 美しい顔 | トップページ | 温故知新 »