« 真鶴のロクイチ | トップページ | 久々の「朝練」 »

2010年8月 7日 (土)

久々の「ハチイチ」

昨日仕事を定時で切り上げ、高知1940分発の高速夜行バス「ドリーム高知2号」に乗って帰京した。仕事の関係でどうしても定時までは居る必要があった一方、翌朝を有効に活用したかったので、初めて「ドリーム号」なるものに乗ってみた。また、料金面でも航空機がこの時期正規料金で33,700円である一方、新幹線+南風で19,000円程度、これに比べてドリーム号は12,500円、プレミアムシートにしても14,800円と料金面でもかなりお得である。そうは言っても、東京までの時間は12時間弱とまあこれも段トツである。東名の渋滞はあったものの、30分程度の遅延で今朝7時半頃に久々の東京に着いた。夜行バスなんてものは、大昔、大学生や会社に入りたての頃のスキーバス位しか経験がないが、プレミアムシートはスペース面・シートの座り心地等の面でまあまあ快適に感じた。さて東京に着いてまず感じたのは、「東京は都会である」ということ。東京生まれの東京育ちなので、都会が当たり前になっていたが、暫く地方に暮らしていると、改めて東京はとんでもなく都会に感じた。さて、色々ヤボ用はあるものの、やはり久々にEF81の姿も拝みたくて、午後になって近所に「安中貨物」の撮影に行ってみた。灼熱の晴天下、長玉だと陽炎が出てピン甘になることは承知の上で、どうしても長玉が使ってみたくて定位置に脚立を立て、ハスキーをセットした。予め今日のカマが94号機であることは判っていたので手持ちでも十分だと思ったが、いい大人が敢えて気合いを入れて撮ってみたくて、フル装備で臨んだ。今日はタキ12両+トキ5両の長大編成で、それを思いっきり圧縮してカメラに収めることができたので、まあ満足。私にとっては、ほぼ2か月ぶりのハチイチの勇姿であった。もうあさっての月曜日の午前中には飛行機で高知に戻る必要があるので、朝練が可能なのは明朝だけである。「あけぼの」は勿論撮ってみたいが、EF510「北斗星」まで待っている元気があるであろうか・・(写真・文:TBlog_2010871

Blog_2010872

|

« 真鶴のロクイチ | トップページ | 久々の「朝練」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/36065465

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の「ハチイチ」:

« 真鶴のロクイチ | トップページ | 久々の「朝練」 »