« 「東」の区名札を入れたロクイチ(EF5861)の足回り | トップページ | 明日から東京出張 »

2010年8月30日 (月)

L特急「あしずり1号」

やめればいいのに、またまた四国の特急の話題で恐縮です。土讃線の時刻表を眺めていると、「南風」「しまんと」のほかに、「あしずり1号」という列車があるのを発見した。高知発13:50中村行きのまぎれもない「特急」である。(走行距離は、僅かに115.1km)これだけなら、皆様「それがどうした?」ということでしょうが、ミステリーはここから・・実は、この列車、下りの「1号」だけなのである。つまり、上りの「2号」もなければ、当然「3号」・「4号」もない。・・であるのに、堂々と「L特急」を名乗っているから不思議である。過去の経緯を辿れば、準急「足摺」から端を発し、急行から特急に昇格してからも、昔は1日最大上下6本が走っていた時期もあったようであるが、200310月からは、(臨時の51号が設定された時期もあったようではあるが)今のように「1号」だけになってしまったようである。そもそもL特急なるものもかつては毎時○○分発車というような日中の特急であったはずであるが、その後そもそもの定義もはっきりせず、一般の「特急」との区別も曖昧であることから、今や北海道、中部、四国の一部に限られてしまっているようだが、「1日1本で、しかも下りだけ」というような変則L特急は、全国的にも「レア」なはずである。こうなると、一度見てみたくなるのが人情というもの。帯状疱疹も峠を越えたので、早速先日ロケハンしておいた場所に赴いてみた。金曜日と日曜日以外は2両編成のショボい「特急」で、勾配票が邪魔になるので105ミリ程度まで引きつけたら実につまらない写真になってしまったが、先頭車の汚れの程度はまあまあであったので、一応「可」としておこう。(どうせ、そのうち消滅するに違いないので、記録にはなったということで・・)ついでに、上りの「南風」も待ってみたら、どこかで見かけた汚い顔。「2103!」そうだ、紛れもなくあの、「ムツゴロウ」である。何だかオマエとは良く遭うなあ・・オマケの画像は、大昔の「急行あしずり」の画像。やはり、格段に風格がある・・(写真・文:TBlog_20108301

Blog_20108302

Blog_20108303

|

« 「東」の区名札を入れたロクイチ(EF5861)の足回り | トップページ | 明日から東京出張 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/36447049

この記事へのトラックバック一覧です: L特急「あしずり1号」:

« 「東」の区名札を入れたロクイチ(EF5861)の足回り | トップページ | 明日から東京出張 »