« 夏が嫌いなワケ | トップページ | EF510とともに復帰(?) »

2010年7月11日 (日)

一つの時代の終焉

まず、カウンターを見ると、お蔭様で80000をヒットしているようで、立ち寄って頂ける方々のためにも何とかネタを捻出しなくてはならないと思うものの、地方で身動きがとれない我が身にとっては、何とも辛い思いで一杯である。さて、「カシオペア」に続いて、「北斗星」のEF81の運用もいよいよ終焉間近のようである。以前にも記したが、自宅前の常磐線を☆マークも誇らしげに駆け抜けていた田端のEF81を日常の光景として見慣れていただけに、私にとっては感慨もひとしおである。最近はカシ釜が、貨物運用にも入っているそうであるが、「カシオペア」・「北斗星」限定であった3機のそのような光景は一度カメラに収めておきたかった。本日の2レも133号機であったとの皆様のブログを拝見していると、さすがに禁断症状が加速するというものだ。Pさんのブログを拝見していると、北浦和の雑草も相当嫌な感じで伸びているようですし、蕨のSカーブも恐らく同様なのでしょうね。(昨年もこの時期は、日は長いものの、梅雨の悪天候と夏草で苦労していた記憶がある)そういった中、「あけぼの」存続は久しぶりの明るいニュースであるが、さて、今度いつお目にかかれるやら・・「北斗星」のヘッドマークが一番よく似合っていた☆釜のエース、EF8181に遠くからエールを送りたい。さてさて、最終日は81号機か、95号機か、はたまた133号機なのか?(写真・文:TBlog_2010711                      EF8181牽引2レ @西川口 2009921

|

« 夏が嫌いなワケ | トップページ | EF510とともに復帰(?) »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/35715260

この記事へのトラックバック一覧です: 一つの時代の終焉:

« 夏が嫌いなワケ | トップページ | EF510とともに復帰(?) »