« 猫顔 | トップページ | カシオペア専用機 EF510509デビュー »

2010年7月24日 (土)

ロクイチのお召し試運転

暑中お見舞い申し上げます。
皆様相変わらず趣味に時間を割いていらっしゃるようで何とも嬉しい限りです。中年の男性が昔と変わらず飛行機や鉄道に夢中になっている姿は、「まだまだ現役」といった様子で洒落た趣を感じます。まして最近の鉄道雑誌の表紙をお仲間の方々が相次いで飾ったり、本を出すなどというのは「快挙」といっても過言ではなく、実に喜ばしく思っている次第です。
また最近、鉄道撮影に復帰したMさんなどもその後はいかがお過ごしでしょうか?昨日はいよいよ下り「カシオペア」に専用機がデビューし、明日には上ってきますから〝出撃〟されるのでしょうか。特にあのようなグレー基調の塗装ではすぐに汚れが目立ちそうで、私も次回の帰京の際に撮りに行っておきたいと思っています。時間の都合であまり遠くには行けませんからチャンスがあれば浦和周辺でご一緒できれば幸いです。

大阪では「日本海」の存続が決まったようで、たぶんそうだとすると「きたぐに」も残るのかもしれません。いずれにしてもひと安心ですが、そのかわりキハ181系「はまかぜ」の引退が11月6日に前倒しとなりました。国鉄時代の塗装が最高にマッチしていたと思っているので、今のカラーリングでは写欲も高まりませんが、そろそろ非電化区間でも撮っておくのも悪くありません。皆様方、ぜひ関西にも撮影にいらしてください。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1984年、結婚式を3日前に終えた私は妻を先に当時の赴任地だった大阪に戻し、一人東京に残って群馬国体のお召し列車試運転を撮りに行った。まったくひどい新郎である。同行はM氏とH氏。すでにブローニー版カメラの出番はなく、ニコンF3が主力となっていた。社会人になってすぐに明るい長ダマを購入し、その組み合わせでロクイチを撮ることが多くなっていた。私のような変わり者は日の丸が付くとEF58の大窓が見えなくなりそうだから、このようにお召し列車直前のきれいな状態で何も付けない姿が一番のねらい目だった。
この時以後、この場所には行っていないが、今このポイントには入れなくなっているのだろうか?

(写真・文 U)

Ef5861_a3

|

« 猫顔 | トップページ | カシオペア専用機 EF510509デビュー »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/35875814

この記事へのトラックバック一覧です: ロクイチのお召し試運転:

« 猫顔 | トップページ | カシオペア専用機 EF510509デビュー »