« 昔のお仲間 | トップページ | 幡多地区(高知県西部)への出張 »

2010年7月 3日 (土)

キハユニ171

キヤノンの次期EOS1の後継機は凄いらしい。年内の発表はないにしても、ニコンD3系の躍進を食い止めるべく開発に力を入れているとのうわさだ。話の出所は明かすわけにはいかないし具体的なスペックなどは皆目分からないが、キヤノンと関わりの深い関係者の話で、過去にも彼女の予想は全て的中していたからかなり確度の高い情報とみている。
すでに行き着くところまで行き着いた感のあるデジタル一眼だが、それでも「凄い!」と言えるとしたらはたしてどんな性能なのか今から楽しみだ。高画素化とか高感度性能の向上といった誰にでも予想できるものなら「凄い!」という時代ではないだろうから、かなり画期的な機能や性能を備えてくるものと期待したい。
それに対し当然、ニコンもそれなりの製品を出してくるはず。これまでの延長上の高性能化ではパソコンなど周辺機器もグレードアップする必要に迫られ、この不況下それらまでへの機器更新の体力が衰えている報道関係が発売即導入するとも思えない。ミラーレスなどの新たな機構改革により今までのような価格で、周辺機器に投資しないでも買い換えるだけのメリットがあるフラッグシップ機が登場するのかもしれない。報道関係のニーズが動画からのコマ落としに変わっていくことを見据えた製品ではないかと個人的には予想している。

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

1979年9月、山口線の名草駅で撮影したキハユニ171。この年の7月、同線にC571が復活しC58の1号機も予備機に指定された。8月に行われたC58の試運転は撮影ずみだったが、このときはそのC58がいよいよ「SLやまぐち」に初登場するといううわさにつられ、のこのこ2度目の山口線にやって来たら、残念ながら「SLやまぐち」はC57の1号機だった。なんとなくやけくそで煙も出ないこんな平坦な場所でうろうろしているときに撮ったのがこのキハユニ17だった。
この後、上りの「山口号」を津和野~船平山でとらえようと借りたレンタカーで事故を起こしたのも、今では懐かしい思い出だ(そう言えば、そのときの写真もあるはず)。コダクローム25で撮影。

(写真、文 U)

171

|

« 昔のお仲間 | トップページ | 幡多地区(高知県西部)への出張 »

カメラ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/35622232

この記事へのトラックバック一覧です: キハユニ171:

« 昔のお仲間 | トップページ | 幡多地区(高知県西部)への出張 »