« 飯田線の思い出 ED62 重連 | トップページ | EF64-1030「あけぼの」お別れ朝練 »

2010年5月25日 (火)

EF5869(米) 呉線での工臨運用

呉線のEF62を出していただいたので思い出し、ネガを引っ張りだしてみた。

1980年の夏場、まだ荷37列車の広島ー下関がEF58の重連だったころは、かなりの日々を山陽本線沿線で過ごした。その合間に団臨や旧国を撮っていたが、この日は呉線にEF58の工臨が走るので天気は悪かったが忠海に向かった。

米原機関区の変A2運用で、荷39の間合いで糸崎で帯泊するカマを三原までの往復で工9572列車と工9573列車に充当するというものだった。当時広島に貸し出し中の69号機が里帰りのように充当されて、このような光景になった。

EF58本来の姿とは言えず、好き嫌いはあろうが、ちょっと珍しいカットではあろう。

(写真・文:K.M.)

1980年8月11日 EF5869(米)+ワフ+ホキ4+ワフ 工9572列車 呉線 忠海にて

67bw027

|

« 飯田線の思い出 ED62 重連 | トップページ | EF64-1030「あけぼの」お別れ朝練 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/34856877

この記事へのトラックバック一覧です: EF5869(米) 呉線での工臨運用:

« 飯田線の思い出 ED62 重連 | トップページ | EF64-1030「あけぼの」お別れ朝練 »