« EF81-95「北斗星」朝練 | トップページ | 広島駅のEF587 »

2010年4月25日 (日)

エロ順光

今朝も早朝から雲ひとつない晴天で、朝練をどこで狙うか迷っていた。Uさん同様に小生も北浦和の角度は気に入っているので久しぶりに行きたいとも思っていたが、結局天気が良すぎるので先週のリベンジということもあり、ド順光が期待できるSカーブに向かった。今日は早目に到着したので安心してポジションを確保できたが、微妙に架線柱等の影が入る個所が所々地雷のように潜んでおり、高速連写機能に助けられた。結果はご覧の通り、「能登」から文句なしの「エロ順光」(そんな日本語はないであろうが、見た感じをそのまま言葉にするとそんな表現になろう・・)で会心のショットとなった。同じ場所で何度も撮影を繰り返しているが、こうも天気や光線・条件で写真の出来が左右されるものかとつくづく思う。「光線良ければすべて良し」である。(まあ、見方を変えれば、条件の悪さを腕ではカバーできないという悲しい現実なのであろうが・・)惜しむらくは昨日の1032号機もこの光線下で撮っておきたかったが、まあ贅沢というものだろう。あまりに天気が良かったので、この後「カシオペア」「北斗星」も狙いたいと思ったが、頭に光が当たる場所は大宮~宇都宮間にはなかなかなく、結局頭が潰れることを覚悟の上でワシクリに行ってみた。いつもの定点観測場所も構図を変えると印象も大分変るものである・・「北斗星」の93号機は、1月31日に撮影した際も「額の傷」が気になったが、今日はサイドの塗装も一部禿げていたように見えた。先日の84号機もそうだが、余命短しとは言うものの、できれば最後まで綺麗な姿で走らせて頂きたいものである。ご一緒された方々お疲れ様でした。(写真・文:TBlog_20104251

Blog_20104252

|

« EF81-95「北斗星」朝練 | トップページ | 広島駅のEF587 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/34382198

この記事へのトラックバック一覧です: エロ順光:

« EF81-95「北斗星」朝練 | トップページ | 広島駅のEF587 »