« 紀勢本線白浜駅のEF5866 | トップページ | 広島機関区のEF5869その2 »

2010年4月 5日 (月)

広島機関区のEF5869(その1)

広島機関区所属のEF58大窓機で最も撮影回数が多かったのがこの69号機。
最晩年は広島から米原にまで転属し、「きたぐに」や荷物列車などの先頭に立ったのだから当然だが、自分自身この69号機は宮原の53号機よりも好きだったからだろう。53号機に比較するとパンタグラフが下枠交差のPS22Bで、原型の雰囲気を大きく崩してはいたが、正面窓の大きさが他の大窓機よりもひときわ大きいような印象を受けたせいだ。
それに加えて69号機と遭遇するときはいつも好天に恵まれて光線状態も良く、それが結果的に好印象につながった。
形式写真風の停車中の写真を撮影する機会も断然多く、ここにアップするもの以外にも何点かある。もっとサイドに回ってしまうとPS22Bの小ささが際立ってしまい、ちょっとバランスに欠ける角度になってしまう。後日、アップするかもしれないがまずは窓のよく見える角度から。78年9月に広島機関区派出所で撮影したカット。

(写真、文 U)

69_3

|

« 紀勢本線白浜駅のEF5866 | トップページ | 広島機関区のEF5869その2 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/34090865

この記事へのトラックバック一覧です: 広島機関区のEF5869(その1):

« 紀勢本線白浜駅のEF5866 | トップページ | 広島機関区のEF5869その2 »