« 駅撮り朝練in富山(その2) | トップページ | エロ順光 »

2010年4月24日 (土)

EF81-95「北斗星」朝練

北陸出張での鉄の成果が散々で、ブログにも大変お見苦しい写真を晒していたが、今朝の2レは95号機牽引とのことで、しかも天気も朝から回復しそうであったので、思いきって「あけぼの」は捨て、黒磯以北に遠征することにした。2時過ぎに起床し、3時前には自宅を出発。(今週は地方出張もあり、体もかなりヘタっていたはずなのであるが、何故か鉄ちゃんとなるとシャキっと目が覚めるから不思議だ)まだまだ冷たい雨が降っており本当に大丈夫か不安であったが、ウエザーニュースの雨雲レーダーchでは4時半くらいには晴れてくるとの予報であり、それを信じて出撃した。(ウエザーニュースのピンポイント予報は本当にいつも的確でお世話になっている)恥ずかしながら、黒磯以北に遠征するのは初めてであり、ポイントもよく把握していなかったので、昨晩は諸先輩方のブログ等であれこれチェックし、いくつかのポイントを参考にさせて頂いた。かねてから一度行ってみたいと思っていたのが「黒田原‐豊原」の俯瞰ポイント。95号機も今までさんざん望遠で狙って横の「EF81」のロゴを無視し続けてきたが、やはり終焉も近いとなるとサイド気味にロゴも決めておきたいとも思った。インターネットの地図検索で適当にあたりをつけてあとはナビ任せ。(こういう時にナビは本当に重宝である。)ドンピシャでポイントまで連れて行ってくれたが、現地到着5時半過ぎにも拘わらず、すでに56台の車が先着されていた。(今日は初めて常磐道~北関東自動車道経由で行ってみたが、柏インターからETC割引で1300円ポッキリと、随分得した気分・・)ところで、この場所は「登山」が必要であるとの予備知識はあったが、50過ぎのおっさんにとっては急坂を滑らないように昇るのに結構苦労した。何とか木を伐採した山の頂上に立つと、そこには素晴らしいお立ち台からの景色が広がっていた。(このポイントを初めて見つけられた方には心から敬意を表したい・・)那須の山から吹いてくる冷たい風とうぐいすの声が清々しく、心まで洗われる感じであった。ここに到着した時には晴れていたものの、そこは気難しい山の天候であり、直前に曇ってしまったが、光線は良くなく晴れると完全に頭が潰れてしまうので丁度良かったのかも知れない。今日は汚名挽回とばかりに虹釜の赤と編成のブルーも綺麗に発色してくれたようだ。「95号機の北斗星もあと何度撮れるんだろうか・・」と思いつつ、高久、野崎あたりをロケハンしながらのんびり戻ってきた。帰りも北関東自動車道経由で戻ってきたが、このルートだと帰りに真岡のSLも狙うことができそうである・・(写真・文:TBlog_2010424

|

« 駅撮り朝練in富山(その2) | トップページ | エロ順光 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/34366029

この記事へのトラックバック一覧です: EF81-95「北斗星」朝練:

« 駅撮り朝練in富山(その2) | トップページ | エロ順光 »