« 追憶の「北陸」 | トップページ | EF510乗務員訓練で鉄分補給 »

2010年3月27日 (土)

浜田区のレンガ庫

 K.M氏が糸魚川のレンガ庫をアップしているのを見て、ふと思い出したのが幾度となく訪れた山陰線浜田機関区。ここも3線のクラながら、入り口はしっかりレンガ積みでいい雰囲気。立派さでは糸魚川や和田山に劣るものの、自分にとっては思い出深い機関区のひとつとなっている。

写真のC57156,C575も今は静態保存となり、余生を静かに送っている。特に5号機は梅小路のエースとして山陰京都口の客レけん引にあたっていたが、昭和46年4月のDL化により豊岡に転じ、播但も昭和47年10月DL化されるとここ浜田に移ってきたもの。豊岡転属時にカッコよかった前面の形式入りプレートは間延びした普通のプレートに替えられてしまい、すごく残念だった・・・

 昭和48年12月に訪れた時の一コマ

(写真・文 T.A )

Photo

|

« 追憶の「北陸」 | トップページ | EF510乗務員訓練で鉄分補給 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33951386

この記事へのトラックバック一覧です: 浜田区のレンガ庫:

« 追憶の「北陸」 | トップページ | EF510乗務員訓練で鉄分補給 »