« 卒業 | トップページ | JALに乗って »

2010年3月 5日 (金)

30年前の塚本駅

1980年、大阪・塚本のホームで撮影した宮原機関区のスターだったEF5853が牽く9204列車。80年10月のダイヤ改正で消える大阪発の九州方面行き夜行急行などを撮りに行った際、最後のこの運用に就いていた同機をキャッチすることが出来た。この後、西大路~向日町へと追って、これが同機の見納めとなった。

あれから30年たったが今でも塚本の駅はファンの集まる人気の場所。東京で言えば田町のホームに匹敵する気軽な有名スポットだった。われわれの仲間も大阪方面に撮影に行くとよく行った場所で、上り下りの列車ともに撮りやすかった。今回、単身赴任で大阪に住むことになったが、つい最近2月28日にも「雷鳥」の回送を撮りに行ったばかり。また、その前日には塚本駅前の居酒屋で開かれた関西のファンの方々の宴席にも顔を出す機会に恵まれ、ますます思い出多き場所になりそうだ。さすがに周囲の建物はずいぶん変わったが、尼崎寄りにある(画面の中の)信号機の位置などに変わりはない。

(写真、文 U)

Ef5853_4




|

« 卒業 | トップページ | JALに乗って »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33639666

この記事へのトラックバック一覧です: 30年前の塚本駅:

« 卒業 | トップページ | JALに乗って »