« ファンのぼやき | トップページ | 遅延の「北陸」 »

2010年3月10日 (水)

大宮バルブ

この期に及んで大宮バルブを決行するのは、かなり躊躇した。さすがにあと4日であるし、噂の大宮駅ホームがどのような殺伐とした状況になっているか見当もつかなかった。これまで何とか走行写真を撮ろうとこだわってきたので、ついぞバルブをする機会がなかったが、人生、後悔はしたくないので、「前夜からの雪+早朝は大雨。かつ「あけぼの」は茶釜でない。」という悪条件であれば、さずがに人出も限られようと読み、315分に家を出て、大宮に4時半に着いた。何とかポジションも確保でき、この雪で遅延を懸念したものの幸い3兄弟とも定刻で運行されていたので、線路に雪を残したそれなりに風情あるバルブ写真を残すことができた。(実際はまだまだ氷雨が降りしきる中、凍えるような寒さであったが・・)それにしても、5時を過ぎると、どんどん同業者の方の数は増え続け、「北陸」の段階では最終的に何名居たのかもわからなかった・・(まあ幸い特にトラブルもなく、無事任務完了したが、最終日まで事故やトラブルが起こるようなことがないよう祈りたい。)いつも走行写真ばかり撮っていると高速で駆け抜けてゆく列車の中まではよくわからなかったが、改めてゆっくり発車する光景を眺めていると、乗客一人一人の表情も見ることができ、夜行列車独特の雰囲気を目に焼き付けることもできた。(この雰囲気だけは、10系寝台の頃から不変だ。)「あけぼの」待ちの間、お隣の方と会話をすると、何と昨晩の下りから大宮でマルヨをされているとのこと。粘った甲斐あっての素晴らしい作品も拝見できたが、その気合いの入り方には完全に脱帽で、小生などまだまだ甘ちゃんだと反省させられた。(写真・文:TBlog_20103101_3

Blog_20103102_3

|

« ファンのぼやき | トップページ | 遅延の「北陸」 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33709728

この記事へのトラックバック一覧です: 大宮バルブ:

« ファンのぼやき | トップページ | 遅延の「北陸」 »