« 広島機関区のEF5818 | トップページ | 糸魚川のレンガ庫 »

2010年3月23日 (火)

阪和線 昭和50年

 U氏のお薦めで、初めてお仲間に入れていただきます関西のT・Aです。どうぞよろしくお願いいたします。

 ゴハチつながり、大窓つながりということで、ゴソゴソとネガを漁ってましたら、とりあえず出てきたのがコレ。

 時は昭和50年5月、阪和線 紀伊-六十谷での竜華操行き貨物です。ED60を従え、モーター音高らかに上り勾配をやってくる様はなかなかのものでした。 当時は山陽筋ブルトレも50.3のダイ改でヘッドマークが消え、SLも室蘭線界隈に残るのみで、当時高一の身としてはそうそう渡道もままならず、身近な阪和線で引退間近なEF52と併せて多種バリエーションの車両の写真を撮ってたりしてました。 確かに続くネガには快速のクモハ60やら、EF15、キハユニ16併結のキハ58系「きのくに」など、今なら大変な(笑)車種ばかりでした。

 ちなみに、このカットの前のコマは追分での9600入替作業ショットでした。

 駄作なショットですが、原型ライトの66をご賞味ください。

( 文・写真 T.A )

Ef5866

|

« 広島機関区のEF5818 | トップページ | 糸魚川のレンガ庫 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

原型ライトのロクロクはカッコええですね。
余談ですが、昭和52年8月に二灯化された同機が一灯に戻されたのは昭和61年1月13日です。

投稿: ゴハチ信者 | 2010年3月24日 (水) 00時55分

コメントありがとうございます。
66も、まさか引退を前にして原型ライトに戻すとはビックリでしたよ。天鉄局も粋な計らいでしたね。もっと早く気づけばささやかながら増収になったかも(笑)

投稿: T.A | 2010年3月24日 (水) 23時12分

T.A様
ずいぶんとご無沙汰しております。最後にお会いしたのは、まだ国鉄だった頃の山口線ではなかったでしょうか。
当方で転居があったりして、連絡がつかなくなってしまい、大変申し訳ございませんでした。
またお会いする機会があるのを、楽しみにしています。

阪和線の異形式の重連、なかなか捨てがいですね。66号機、僕は撮影する機会がありませんでした。

投稿: YM | 2010年3月28日 (日) 17時22分

YMさん大変ご無沙汰しています。もう最後に会った機会すら失念してますわ(笑)

もし良ければご連絡いただければ幸いです。

66を撮ってないのは意外ですね〜sweat01

投稿: T.A | 2010年3月29日 (月) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33908582

この記事へのトラックバック一覧です: 阪和線 昭和50年:

« 広島機関区のEF5818 | トップページ | 糸魚川のレンガ庫 »