« 帰国後朝練(1) | トップページ | 阪急京都線から6300系が引退 »

2010年3月 7日 (日)

帰国後朝練(2)

5日(金)は、ウエザーニュースの予報によれば、朝まで雨が残り、「朝練3兄弟」の時刻にはまだ雲が残っているはずで、小生も6時頃に家を出てEF81-133の牽く「北斗星」だけを狙うことにしていた。案の定、念の為3時半に起きたが外はまだ雨がザーザー降り。一応ネットで雨雲の動きをチェックすると、どうも雲が東に抜けるのはかなり早そうな気配。少なくとも雨は止みそうだと読み、出遅れたが5時前に自宅を出た。途中で雲が東に抜けていくのを確認し、現地に着くと上空は、ラッキーにも快晴となっていた。間もなく「能登」が来たが、さすがに晴れでも流すしかない暗さだった。1053の牽く「北陸」は大分明るくなったとは言え、ISO20001/250f3.2が精一杯。「あけぼの」はやはりここのところのループに入っている1032。双頭機の「あけぼの」も悪くはないが、あと1週間で3738は登場するのであろうか?その後、天気も良かったので、そのまま133の「北斗星」を狙いに、ヒガハス(東大宮~蓮田)へ向かった。先日の82の日の激パを目の当たりにしていたので、定刻の70分前なんかでは、さぞや騒然とした状態になっていると思いきや、やはり雨上がりの平日だと圧倒的に人出は少なかった。しかも80分程度の遅延であったので、光線もうまく前面にも回り、正面気味に狙うことができラッキーであった。(ただし、ここは、架線柱がどうしてもウザいし、皆様編成重視で標準~70ミリ系のアングルで狙っていらっしゃったので、正直私だけ浮いてましたが・・)この日だけは、気温の方も20度位まで上昇し、一気に春を印象づけた一日だった。これで133の「北斗星」も、昨年秋以降、計5回カメラに収めることができたが、雪の付いた姿は、結局元旦だけで、どうやらこのまま春を迎えてしまったようだ・・やはり、11回の撮影を大事にしてゆかなくてはと思う。それにしても、この週末の天気は、最悪なので、出撃抑止は已む無しだ。(写真・文:T)

Blog_2010371

Blog_2010372_2

|

« 帰国後朝練(1) | トップページ | 阪急京都線から6300系が引退 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33665785

この記事へのトラックバック一覧です: 帰国後朝練(2):

« 帰国後朝練(1) | トップページ | 阪急京都線から6300系が引退 »