« 紀勢本線のEF5866 | トップページ | 恐るべし!大植のアルペン »

2010年2月20日 (土)

東北遠征

前回予告した通り、先週末雪の中の鉄がしたくなり、北東北を廻ってきたのでご報告したい。

この冬は、暖冬と言われながらも雪が多いようで、特に年末からのドカ雪で、東北~北陸からの長距離列車は、軒並み運休か大幅遅れが続出していることは、周知の事実であったが、実際自分が出向いてみて、やはりそれは、近年にない大雪であることがわかった。ここ数日は、大量に降らないまでも、年末からの雪が根雪として残り、積もり積もって、県境など、2mはゆうに越えていた。弘前市内や青森市内などは、交通に支障はないものの、車道と歩道の間に行きの壁ができていた。東北でこれほどの雪は、私にとって初めての経験で、まるで上越にいるような雰囲気であり、これだけで満足してしまった。

朝一の飛行機で青森へ降り立ち、そこからレンタカーで移動。まずは、奥羽線へ急いだ。うまくすると、下りの「あけぼの」に間に合うからだ。数年前は、毎月のように来ていた青森も、この雪のおかげで別世界。景色が違って見え雪道であることもあって、思うように線路に近づけない。ナビを頼りに何とかお手軽撮影地(津軽新城)に到着できた。近くには、名撮影地の大釈迦もあるのだが、今日は無理せず国道から狙うことにした。晴れれば逆光のこのポイントも運良く雪雲に陰っている。あとは、遅れなく「あけぼの」がやってくれば幸先良いスタートとなる、なんて考えているうち、ほぼ定時でパーイチのライトが見えてきた。このあとは東側へ移動する。(続) (写真・文 K )

2010213_2021_ef81139

|

« 紀勢本線のEF5866 | トップページ | 恐るべし!大植のアルペン »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33452736

この記事へのトラックバック一覧です: 東北遠征:

« 紀勢本線のEF5866 | トップページ | 恐るべし!大植のアルペン »