« ED76のお座敷列車 | トップページ | ED75300番台 »

2010年1月28日 (木)

鳥栖駅の重連荷物列車

私が福岡を拠点に撮影に行くようになったのは1978年3月のこと。それから3年間、父が単身赴任中は春、夏の2回、必ず長期にわたって滞在していたものの、その割には九州内の電気機関車をあまり撮影していない。
1980年撮影のこの荷物列車はたしか原田から鳥栖までは定期重連だったように記憶している(記憶違いがあるかもしれない)。すでにED74は全廃となりED73の影もおぼろげだ。このED72とて、かなりの仲間が廃車となって重連の先頭に立つ機会はまれになっていたはず。駅ホームでの撮影で安直な一枚だが、この列車だけは数回撮影した。

それから12年ほどして自分自身が福岡に転勤となり3年ほどを過ごしたが、後半の1年半弱は少しばかり鉄道撮影に燃えた時期があった。残っている電気機関車は関門地区を除いてED76オンリーとなり、正直退屈だったが、東京に帰ってしまえばなかなか九州には撮影に来ることもなかろうとブルトレや久大線の客車列車などを追った。
九州内の出張はざらで、しかもマイカーで動いていたから行き帰りに撮影するチャンスも多かった。ところがこの時期、JR九州ではあの水戸岡某というデザイナーにより列車の塗色が見るも無惨なものとなっていった。
最近、同社では気動車を国鉄色に戻し、リバイバル列車として客寄せを行っているようだが、少しはむやみなカラフル塗装にウンザリしているファンの気持ちに気づいたのだろうか?

(写真、文 U)Ed72

|

« ED76のお座敷列車 | トップページ | ED75300番台 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33162575

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥栖駅の重連荷物列車:

« ED76のお座敷列車 | トップページ | ED75300番台 »