« 個性派だった1028号機 | トップページ | 鳥栖駅の重連荷物列車 »

2010年1月25日 (月)

ED76のお座敷列車

父の単身赴任先である福岡を拠点に、山陽本線西部のEF58を撮りに行ったことは前にも記したが、広島や下関のゴハチの運用を調べて大窓機が来ない日はゆっくり起きて鳥栖や原田、黒崎~八幡などへ何となく出掛けて目にするものを撮っていた。お目当ての車両などなく、ただ漫然と記録するというのんびりムードの撮影だった。「鉄道ダイヤ情報」などで貨物列車の時刻などはほぼ把握していたものの、どれもこれも同じように見えたED72,73,76などの運用を調べてまで撮り分けるようなことなどなく、ただひたすら来たものを撮っていた。それでも本州に入る団体列車などは、ゴハチが牽くことも多く、そういう意味では要注意だった。

アップしたのは門トス(鳥栖客車区所属)のお座敷列車。この列車もたしか本州入りするものだったが、おそらくHゴムのゴハチが運用に就くのが事前に分かっていたから、原田の駅で適当に写した。今になって思えばED72や73のお座敷列車などにももっと注意しておくべきだった。

(写真、文 U)Ed76

|

« 個性派だった1028号機 | トップページ | 鳥栖駅の重連荷物列車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33109620

この記事へのトラックバック一覧です: ED76のお座敷列車:

« 個性派だった1028号機 | トップページ | 鳥栖駅の重連荷物列車 »