« 電車好き! | トップページ | 電車好き!(2)~初詣臨 »

2010年1月 5日 (火)

残照の印象

その昔国鉄末期の頃、品川には、ジョイフルトレインと呼ばれる14系客車を改造した欧風客車が在籍していた。「サロンエキスプレス東京」と名づけられ最終的には、7両編成を組んでJR化後も全国を駆け巡っていたが、(後に和式客車「ゆとり」となった客車)正月明けのちょうどこの時期、この客車を使った「メモリアルトレイン」が御殿場線を一周する形で運転された。掲載写真はその時のものである。

何の変哲もない写真ではあるが、この日最期の残照を一身に受けて疾走するロクイチがあまりにも美しく私には映ったから取り上げてみたくなった。ゴハチは、窓の大きさがよく話題に上がり良し悪しを決めてしまうが、この角度から見たゴハチもまた別の意味でスタイリッシュで力強くかっこいいと思っている。ロクイチのステンレスの帯が渋くテカった時、この日の想いが全てここに集まったような気がした。(写真・文 K )

1997-1-4   9634レ  EF5861    下曽我付近にて199714_9634_ef5861bro2

|

« 電車好き! | トップページ | 電車好き!(2)~初詣臨 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/32871970

この記事へのトラックバック一覧です: 残照の印象:

« 電車好き! | トップページ | 電車好き!(2)~初詣臨 »