« 鳥栖駅の重連荷物列車 | トップページ | 原田駅構内のED75305 »

2010年1月29日 (金)

ED75300番台

24日のブログでK氏がED75のことを記した。たしかに75は貫通扉もあって私も好きな部類の機関車だ。87年の秋には東北本線北部に「ゆうづる」などを狙いに行ったり、オリエントサルーン塗装になったものなど(番号を忘れてしまった)も撮りに行った記憶があるし、ゴハチに夢中になるかたわら、正面のデザインがほぼ同じのED78やEF71なども少しは撮りに行った。
ところが最低、黒磯以北へ行かなければならず、そうなるとEF58(大窓機)やDF50の走る地域とは逆の方向になり、どうしても頻繁にとはいかない。それゆえ自分でもほとんど印象深い写真を残すことはできなかった。
一時期、相当数の仲間が活躍していたED75も最近は少数派となり、ファンの注目が高まっている。関東のファンは「能登」「北陸」が消滅すれば「あけぼの」「日本海」を狙いに秋田、青森方面に出掛ける人が増えるだろう。そしてその結果、東北線で最後の活躍をするED75にも目を向ける機会が増えるのではないか。かく言う自分も5月以降、日の出が早くなったら東北北部のブルトレ撮影に参戦したいものだと思っているが、関西から遠い地域へ足を伸ばす機会をつくれるかどうか。

今や忘れられつつある記憶だが、九州にもED75が存在していた。300番台を与えられた彼らはたしか10両か11両のごく少数だったせいか、あまり見かけるチャンスはなかった。そもそも当時は交流機の運用などを調べて撮影に出ることはなく、行き当たりばったりだったこともチャンスを少なくしていた一因だったはず。実はブルートレイン「さくら」などの先頭に立ったこともあり、それなりの檜舞台はあったのだが、スノープローのない姿は東北の耐寒装備の75と違って迫力不足を感じたものだ。
そのED75300番台が数を減らしつつあったED72と組んだ重連貨物。1980年、原田で撮影。
(写真、文 U)
Ed75

|

« 鳥栖駅の重連荷物列車 | トップページ | 原田駅構内のED75305 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

お邪魔します

九州に撮影しに行った際 さくらとホキ9500を牽引しているのを撮影しました

門司と小倉の間に廃車になったEF70や75が13~16両繋がれて留置されていたのを思い出します

76も車齢がかなり経ちますが後継機は出ず 噂によると81が九州南部迄進出するというらしいですが…

投稿: 機鉄 | 2010年1月30日 (土) 15時24分

コメントありがとうございました。旅行中ゆえ自分のブログをつけるだけ精一杯でした。
お返事が遅くなったことをお詫びします。
九州に行く機会がなくなった後、北陸からEF70が九州に進出したことは知っておりましたが、残念ながら遂に一度も同機の撮影はできませんでした。ED76もそろそろ退役の時期なのでしょうが、機会があれば旧友を訪ねて福岡に行き、日中は76を中心に撮影したいものです。

投稿: U | 2010年2月 3日 (水) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1215589/33173210

この記事へのトラックバック一覧です: ED75300番台:

« 鳥栖駅の重連荷物列車 | トップページ | 原田駅構内のED75305 »